2020-06-24

韓国で、デジタル身分証が登場。

モバイル・マネー調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年06月25日に、韓国で2020年06月24日から、デジタル式の公的な身分証明書が使用可能になったと報告した。

KTとSKテレコム(SKT)、LGユープラス(LGU+)の通信会社3社が警察庁と協力し、スマートフォンの認証アプリ「PASS」に運転免許証を登録できるサービスを開始した。

運転免許証は本人名義のスマホに限り登録できる。

使用時にはスマホの画面に本人の顔写真や認証用のQRコード、バーコードなどが表示され、POS端末などで読み取ることで本人認証が可能になる。

顔写真は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用して警察庁の運転免許システムと連動させることで、実際の運転免許証の写真がそのまま画面に表示されるようになっている。また、生年月日や住所などの情報は暗号化して表示しないようにした。

まずは、成人かどうかを確認する本人認証用としてコンビニエンスストアの「CU」と「GS25」で導入する。

2020年07月からは全国の運転免許試験場で、実際の運転免許証と同じように使用できるようにする。
その後は、レンタカーやカーシェア業界などでの実用化を目指す。

日本のマイナンバーも、将来はデジタル身分証になるのだろうか?

モバイル・マネーがあれば??
政府は、上から、下から、横から攻めてくる。

スーパーコンピュータとビッグデータで、税金申告しなくても自動請求システムで完了できれば、考えるが、今のように経理士や会計士への支払いが合計すると税金並みのままで、個人情報を集めて、何がしたい?と聞きたくなる。