2020-04-08

ドイツ経済、金融危機上回り、9.8%縮小の落ち込み!??

経済

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年04月09日に、ドイツのIfo経済研究所(Ifo Institute for Economic Research/ifo Institut für Wirtschaftsforschung/Leibniz-Institut für Wirtschaftsforschung an der Universität München e. V. )は2020年04月08日に、新型コロナウイルス(2019-nCoV)対策の封鎖措置により、ドイツのGDP(Gross Domestic Product/国内総生産)が2020年第2四半期(04~06月)に前期比9.8%縮小するとの見通しを明らかにした。

これが現実になれば、金融危機時の2009年第1四半期の落ち込みを2倍超上回り、1970年の統計開始以降で最大の下落となる。

Ifoは、新型コロナウイルスのパンデミック(Pandemic/世界的流行)は、国内経済の深刻なリセッション(Rezession//景気後退)を招くと警告した。

第1四半期のGDPは前期から1.9%縮小したとみている。封鎖措置の影響により、失業率はピーク時で5.9%に悪化し、今年の財政赤字は1,590億ユーロと、記録的水準に達すると予想した。

公的債務の対GDP比は、新型コロナウイルス流行前の60%から、今年は70%に膨らむとみている。

国内経済は、封鎖措置が解除されれば徐々に回復に向かい、第3四半期には8.5%増、第4四半期には3.1%増と力強い回復を示すとみている。2020年通年では前年比4.2%縮小するものの、2021年には5.8%増への回復を見込む。

Ifoのティモ・ボルマーショイザー教授(Prof. Dr. Timo Wollmershäuser from ifo Institut)は、楽観的に「ドイツは景気低迷に耐える経済力があり、中期的には危機がなかった場合の水準を取り戻せる」との見方を示している。

ただIfoは、パンデミックが予想以上に長引いたり、経済活動の再開が順調に進まない恐れもあるほか、感染の第2波が訪れる可能性もあるなど、下降リスクも大きいと警告。同教授は「こうした場合にはリセッションがさらに深刻化し、回復にもより時間がかかるほか、政府が企業の破綻を食い止めることがより難しくなるだろう」と話している。

確かに、今回はドイツだけではなく、シンガポール、日本、イタリア、もしかすると米国もリセッションに突入する。
そして、私も楽観的で、来年には、ものすごいエネルギーで再生する。

2020-03-19---シンガポール。「リセッション入りほぼ確実」と予測。
2020-03-11---新型コロナで、イタリア北部から始まった封鎖措置発動と、「リセッション」の可能性。
2020-02-18---シンガポールの通年の輸出額、3年ぶりのマイナス成長に。
2020-02-17---世界中で、日本のリセッション入りを話題にし始めた!
2020-02-14---シンガポールのリー首相、「COVID-19」でリセッション入りも、
2020-02-07---ドイツ、「リセッション」に陥る可能性が再び浮上。
2020-01-03---ドイツの失業率、2019年12月は横ばいの5%と、低さ安定8カ月連続。
2019-12-12---ドイツのIfo経済研究所、来年の成長率見通し引き下げ。
2019-10-25---2019年10月のドイツの企業景況感指数、前月からは横ばい。
2019-10-02---ドイツの5大経済研究所、経済成長率見通しを引き下げ!