2020-04-08

集中治療室移動から一夜明けたボリス・ジョンソン首相、容体安定か!?

健康人物

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年04月08日に、新型コロナウイルス感染症「COVID19」の症状悪化で集中治療室(ICU)に移されたイギリスのボリス・ジョンソン首相(British Prime Minister Boris Johnson)は、酸素吸入器による呼吸の補助を受けているものの、人工呼吸器は利用しておらず、「非常に安泰」な状態にあるという。

今では、起き上がって、ベットに座っていると報告している。
ただ、楽観が危険!

首相代行を務めるドミニク・ラーブ外相(Foreign Secretary Dominic Raab)らの話として、BBC電子版が伝えた。

ジョンソン首相は2020年04月05日夜、発熱と咳が続いていたためロンドンのセントトーマス病院(St. Thomas’ Hospital, in London)に検査入院。翌2020年04月06日昼には自身のツイッターに「私は元気で、チームと連絡を取り合っている」と投稿したが、夜に容体が急変してICUに運ばれた。

お笑い政治家ボリス・ジョンソン首相は、自信過剰!だから狙われる。

ラーブ外相は、少なくともジョンソン首相がICUで処置を受けている間は首相職を代行し、2020年04月13日に見直しを予定する外出制限の扱いなどについて最終決定権を握るとみられる。

ジョンソン首相がICUに運ばれた直後から、ドイツのアンゲラ・メルケル首相(Kanzlerin Angela Merkel/German Prime Minister Angela Merkel/Chancellor Angela Merkel)やフランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領をはじめ世界中の首脳から激励のメッセージが相次いだ。

米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は記者会見で「全米が彼の回復を祈っている。彼は良き友人で、強く特別な男だ」と鼓舞した。

一方、マイケル・ゴーヴ(Michael Gove)内閣担当相は7日、家族に新型コロナウイルスの症状が出たため、自主隔離しながら公務を続けると明らかにした。

政権中枢での感染拡大が止まらず、市場ではポンド売りが先行した。

経済はガタガタ!

2020-04-06---ボリス・ジョンソン首相、コロナウイルスによる集中治療中!

Related Dates