2020-04-08

武漢の封鎖解除。

健康経済

アジア経済ニュースNNA ASIA、ドイツの新聞「FAZ(Frankfurter Allgemeine/フランクフルター・アルゲマイネ)」は2020年03月25日に、中国湖北省(Hubei)政府は2020年03月24日、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の拡大を防止するため事実上封鎖していた湖北省武漢市(Wuhan)について、2020年04月08日に封鎖措置を解除すると発表したと報告した。

中国湖北省内の他の都市の封鎖は2020年03月25日に解除する。

中国湖北省は封鎖措置の解除によって、健康になった人が仕事に戻り、企業の操業再開を後押しし、経済のいち早い正常化を急ぐと言う。

湖北省の市民は2か月ぶりに、自国を離れることを許可される。

出口禁止の解除は2020年03月25日水曜日から適用される。 これは、パンデミックが始まった省都武漢の住民にはまだ適用されない。 彼らは2020年04月80日まで国内の他の地域への旅行を許可されない。

ウイルス検査で陰性の人だけが州を去ることができる。 これは、携帯電話のアプリを介して「グリーンコード」として表示される。

特に他の都市で働いていて、親戚を訪問した年末年始に警官に驚かされた、いわゆる移民労働者にとって、警戒線の除去は不可欠で、彼らの多くは、2か月の給与を失った後、財政的に困窮している。

この数日間、湖北省では孤立した抗議行動があり、住民の忍耐力と経済的準備が尽きていることを示唆している。 何百人もの人々が、10日前の門限に抵抗し、封鎖された地方の高騰する食品価格に抗議した。 州政府は、移住の危険を最小限に抑えるために、バスで移民労働者を彼らの職場に直接連れて行くことを計画していると言う。

湖北省への入国、そして後に武漢市への入国もまた許可される。

州内の学校、幼稚園、大学は、追って通知があるまで閉鎖されたままである。武漢では、世界的に比較すると特に程度の高い大学がある。

徐々に、より多くのショップや工場が街に出店できるようになり、先週、最初に選ばれた会社は、たとえば輸出にとって重要な自動車産業が承認された。

市はゾーンによって分割され、新しい感染が登録されていない期間に基づいて感染のリスクが評価される。7日間 感染のない地域では、住民は長い間初めて、自分たちのアパートのブロック内を自由に移動することができる。

武漢市は現在、地下鉄とバスの運行を再開する準備をしている。 新華社通信は、火曜日にバスと地下鉄のワゴンを消毒し、QRコード付きの看板を掲げている従業員の写真を公開した。乗客は、新しい病気が発生したときの動きと連絡先を追跡できるように登録する必要がある。

火曜日に武漢全体で新しい感染が1件だけ報告された。以前は、数日間続けて登録された症例はなかった。 しかし、雑誌「Caixin」は、市内の最大12人が毎日「COVID-19」の陽性反応を示していると報じた。
彼らは症状を示さなかったので、統計には含まれなかった。 彼らがウイルスを広めるのを防ぐために、隔離される。

感染者は、患者との接触を追跡し、家庭検疫下の人々に食物を提供する人々など、リスクの高いグループをテストすることによって発見された。責任者は「カイシン(シン)」と語った、ウイルスの拡散が停止したかどうかを判断するには時期尚早である。「サウスチャイナモーニングポスト(South China Morning Post)」は、中国政府からの未発表のデータを引用して、陽性反応を示した人の3分の1までが自分の症状のないいわゆる「サイレントキャリア(silent carriers)」であると報告した。

2020-03-22---中国政府、無症状の4万3000人を感染者としてカウントしていなかった。

Related Dates