on-the-time.jp

11月1日

サワーン(Samhain)

ハロウィーン後の初日11月1日は、伝統的に異教的なケルト神話(Celtic mythology)に基づいた文化「サワーン(Samhain)」として知られ、収穫の終わりと冬の始まりを示し、また、「ケルトの正月(Celtic New Year)」として、一般的に「世界が動くとき」と言われている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「Samhain」に関連する祝賀は、通常、収穫と、そして、死者にたむけるかがり火の行列が組み込まれ、スコットランドの地域でこの日まで続く。
それは、1年を人間が生きる上での一生にたとえ、大きな性に関するイベントとしても捉えることがあり、死者にたむけ、次の世代への欲望をかき立て、炎で燃え上がらせる祝いでもある。
11月1日に、不思議な体調の変化を感じた人には、ケルトの血が流れていたのかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。