2020-02-24

キャセイ航空、香港発着の沖縄線や新潟線運休。

観光ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年02月25日に、香港の航空最大手キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific International/国泰航空)は、新型コロナウイルスによる肺炎「COVID-19」の拡大を受けた措置として、香港発着の沖縄線や新潟線など4路線の運休を新たに決めた。

2020年02月28日から沖縄線と韓国・釜山線、2020年03月05日から新潟線、2020年03月08日からオーストラリア・アデレード線の運航をそれぞれ見合わせる。

2020年02月24日付香港の「経済日報(經濟日報)」などによると、運休期間はいずれも3月28日まで。4路線合わせて週19便を欠航とする。発券済みの航空券は払い戻しを行う。

キャセイ傘下のLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)香港エクスプレス(Hong Kong Express/香港快運航空)はこれまで通り、香港発着の沖縄線を1日1便、同釜山線を週3便運航する。

キャセイは2020年02月04日、子会社のキャセイドラゴン航空(Cathay Dragon/国泰港龍航空/旧香港ドラゴン航空)とともに、香港と中国本土を結ぶ便を最終的に9割削減することも発表している。

完全なNo Boundの時期がきた。

2020-02-24---台湾の航空最大手「中華航空」、新型肺炎で日・韓線7割減便!?
2020-02-20---タイのAirasia X、2020年03月に韓国便を運休。
2020-02-04---キャセイの客室乗務員、本土運航継続ならスト。
2019-09-13---キャセイ、旅客数38%減で減便。