2020-02-24

マハティール首相の辞表をマレーシア国王が受理し、辞任。

人物政治

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2020年02月24日に、マレーシア(Malaysia)首相府は2020年02月24日に、マハティール・ビン・モハマッド(Mahathir bin Mohamad/1925 - )首相(94)がアブドゥラ(عبد الله/Abdullah/第16代国王アブドゥラ ・ スルタン・アフマド・シャー/Abdullah Sultan Ahmad Shah/アル・スルタン・アブドラ・リアヤトゥディン・アル・ムスタファ・ビラ・シャー・イブニ・アルマーム・スルタン・ハジ・アフマド・シャー・アル・ムスタイン・ビラ/Al-Sultan Abdullah Ri'ayatuddin Al-Mustafa Billah Shah Ibni Sultan Haji Ahmad Shah Al-Musta'in Billah)に辞表を出したと発表した。

国王は受理し、同日、国王は次の首相が決まるまでマハティールを暫定首相として、引き続き職務にあたらせることを決めた。

議会制民主主義のマレーシアでは、下院議員の過半数の支持を得た議員が首相に就任する。

マハティールが率いてきたPPBM(マレーシア統一プリブミ党)の議員らは2020年02月24日に、与党連合から離脱すると発表し、与党連合は過半数を確保できなくなった。

通算で24年間首相を務めてきた94歳のマハティール氏の突然の辞任で、国内政治の混乱が長引く可能性がある。

与党連合内ではマハティールの首相継続を求める勢力と、アンワル・イブラヒム(Anwar Ibrahim)元副首相への早期の首相禅譲を求める勢力との対立が激化していた。

マハティールを支持する議員グループは2020年02月23日に、有力野党を取り込み、新たな連立政権の設立に動いた。

蚊帳の外に置かれたアンワルはこうした動きに強く反発し、与党連合の瓦解が避けられなくなった。
マハティールが早々に辞任を決断したのは、いずれのグループにも肩入れせず、沈静化を促す狙いがある言われている。

どの勢力が過半数を確保し、次の首相選びで主導権を握るかに話題が移った。

与党連合を離脱したPPBMの議員らは、野党を巻き込んだ政界再編を目指しており、与野党の枠を超えた引き抜きが激しくなる可能性がある。

確かに、現在の政治を動かしている人たちと、アンワルはしっくりいっていない。

アンワルはは、なぜ蚊帳の外に置かれたかを知ろうとしていないようだ。

次期首相は、自分だと信じすぎている。

アジア経済ニュースNNA ASIAは20年02月25日に、マハティール首相が、国王へ辞表を提出したことで、マレーシアの為替市場と株式市場は大幅に下落した。リンギ相場の終値は前営業日比0.0305リンギ安のUS$1=4.2250リンギと、2017年11月08日以来、2年3カ月ぶりのリンギ安となった。

マレーシア中央銀行は20年02月25日に、金融市場の状況を注視しているとした上で、リンギ安防衛の市場介入を示唆する声明を出した。

マレーシアの新聞「エッジ・マーケッツ(Edge Markets)」(電子版)などによると、マレーシア証券取引所(Malaysia Stock Exchange/ブルサ・マレーシア/Bursa Malaysia)では、20年02月25日の売り越しが245億リンギ(約6,510億円)に達した。新型肺炎の感染拡大による国内経済の低迷懸念と、政局の混乱を嫌気した売りが殺到。KLCI(Kuala Lumpur Composite Index/クアラルンプール総合指数)の終値は、2011年12月22日以来、8年2カ月ぶりの安値となった。

まだまだマハティールの人気は高いが、94歳のマハティール自身としては、体力的に限界だったろう。

しかし、マハティールがマレーシアにいる限り、どさくさに巻き込まれるので、いっそ九州に逃げてきたらどうだろう。日本政府も、マハティールの永住権は出すだろう。

2019-12-19---KLサミットで、マハティール首相イスラム圏の仮想通貨提唱。
2019-12-19---マレーシアの「1MDB」汚職。ゴールドマン罰金2千億円で交渉中。
2019-10-07---マレーシア汚職防止委員会、1MDB資金を「2週間以内に回収」
2019-08-28---マレーシア、インダストリー4.0として、年内に4千人訓練開始。
2019-08-26---マレーシアの全国に観光投資特区を設置。
2019-08-07---マハティール首相の権力移譲、明確な計画要求!
2019-08-07---マハティール首相、日韓関係は早期正常化を望む!
2019-04-26---マレーシアのマハティール首相の支持率46%に低下。
2019-04-19---マレーシアのマハティール首相、米誌の影響力ある100人に選出。
2019-04-08---1MDBを巡る汚職事件で、ロー容疑者の豪華ヨット、ゲンティンが購入。
2018-11-13---マレーシア首相マハティール、「ゴールドマンにだまされた。」
2018-09-18---マハティール首相が、現政権で原発導入の予定なしと明言。
2018-07-03---マハティール首相の公言通り、マレーシアのナジブ前首相を逮捕。
2018-07-02---マレーシアの「1MDB」事件で、政党とNGOの408口座凍結。
2018-06-25---マレーシアの国家債務の救済基金、1億リンギ超え!
2018-06-22---マレーシアのマハティール首相、為替相場US$1=3.8リンギが適正。
2018-06-21---マレーシアの新政権政府、TRXビル建設事業の継続を決定!
2018-05-30---マレーシアの大型事業中止で、マレーシア株急落!
2018-05-12---ナジブ前マレーシア首相夫妻、出国禁止!
2018-05-10---マハティール元首相。世界最高齢の首相に就任。
2018-05-10---マレーシア下院選、マハティール元首相が率いる野党連合過半数獲得。
2018-02-22---マレーシアで、首相の「主食はキヌア」発言で、与野党炎上!
2018-01-17---92歳のマハティール元首相、マレーシア総選挙へ。世界最高齢の復権狙う!?
2017-11-21---ジンバブエのムガベ大統領が辞任!
2017-11-15---93歳のジンバブエ大統領ムガベ、軟禁!
2016-12-17---92歳のムガベ大統領、2018年のジンバブエ大統領選出馬!
2015-08-04---ナジブ首相の数百万の預金は『寄贈』
2013-05-04---民主主義は好きだが、実際の民主主義を理解しないマレーシアの選挙。