2020-01-14

北朝鮮の海外労働者に対する米国の制裁措置。

犯罪と裁判北朝鮮

香港の英字新聞「SCMP(South China Morning Post/サウス・チャイナ・モーニング・ポスト/南华早报/南華早報)」は2020年01月15日に、北京のスクバクソ(Sukbakso)は、北朝鮮の海外労働者の輸出を支援するために宿泊施設を運営していると述べた。

米国人が事業を行うことを禁止する措置の対象であるブラックリストに登録された事業体「韓国南港貿易公社(Korea Namgang Trading Corp)」の米国資産も凍結したと報告した。

米国は2020年01月14日火曜日に、国連制裁に違反して北朝鮮からの労働者の輸出を促進したとして、北朝鮮の2つの事業体を非難し、制裁した。

米国財務省(US Treasury Department)は、北朝鮮が核兵器を放棄するよう説得することを目的とした停滞した会談を復活させるための米国の努力にもかかわらず、韓国南港貿易公社と中国に本拠を置く北朝鮮の宿泊施設北京スクバクソに対する制裁を発表した。

前者は、北朝鮮政府または党のための収入を得るために、北朝鮮からの労働者の輸出を促進した。または責任を負っていたと述べた。 後者は、労働輸出を支援するために中国に拠点を置く宿泊施設を運営していると述べた。

「北朝鮮の労働者の輸出は、国連の制裁に違反して北朝鮮政府に不正な収入をもたらす」とスティーブン・ムニチン財務長官(Treasury Secretary Steven Mnuchin)は声明で述べた。

月曜日に課された制裁措置は、ブラックリストに登録された事業体の米国資産を凍結し、一般に米国人がそれらと取引することを禁止している。 それらは、ワシントンと平壌の間で緊張が高まった時に来た。

平壌は、ワシントンの交渉に対する柔軟性の欠如と呼ぶものに不満を表明し、大陸間弾道ミサイルと核兵器の試験に関する自己宣言されたモラトリアムに拘束される根拠がもはやないことを警告した。

米国当局者は、制裁が緩和される前に、北朝鮮が核兵器と弾道ミサイル計画を解体するために、より具体的な措置を講じなければならないと言った。

マイク・ポンペオ米国務長官は2020年01月13日月曜日に、進展が遅いにもかかわらず、北朝鮮が正しい決定を下すことを望んでいると述べた。

「私たちが世界の他の地域と同様に北朝鮮に対して行った制裁は、確かに金議長が彼の国民のための正しい道について真剣に考えさせた」と彼は北朝鮮の金正恩(김정은/Kim Jong-Un/キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に言及して言ったと伝えている。

どうも金正恩は、世界が自分を中心に動いていると勘違いしている。

米国のドナルド・トランプ大統領(US President Donald Trump)も、米中貿易戦争、イラン問題、香港問題、自分への弾劾調査など、この忙しい時に、金正恩を中心に考えられないだろう。

そういえば、昔、韓国にほとんど産業が育っていない頃、イランやアフリカで、多くの韓国人の海外労働者に出会ったが、今同じことを北朝鮮が行なっている。

これは、裏で韓国が関係しているかもしれない。