2020-01-14

韓国の高齢化が進み、生産年齢人口の割合72%で、過去最低。

経済韓国

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年01月14日に、韓国行政安全省によると、2019年末時点の韓国の生産年齢人口(満15~64歳)は3,735万6,074人で前年比19万967人減少した。

全人口に占める割合は過去最低の72.0%だったと報告した。

全体の住民登録人口は0.05%増の5,184万9,861人で、前年比の増加率は過去最低となった。

少子高齢化により40代以下の全ての年齢層で人口が減少した一方、50代以上は増加した。中でも満14歳以下の人口が統計開始以来で最低となる646万6,872人となった半面、満65歳以上の人口は37万6,507人増の802万6,915人と、初めて800万人を突破した。

平均年齢は42.6歳で、2008年の37歳から年々伸びている。