2020-01-14

時価総額がUS$1兆のGoogle親会社の幹部は、金を持ってセックスに狂った!

性とメディア犯罪と裁判戦争と平和

Forbes JAPANは2020年01月14日に、Google親会社アルファベット(Alphabet)の最高法務責任者デビッド・ドラモンド(David Drummond)が2020年01月末で退社することが明らかになったと報告した。

2019年08月にドラモンドの元部下で交際相手だったグーグル元社員のジェニファー・ブレイクリー(Jennifer Blakely)は、彼の子供を妊娠した後に会社を追放されたとブログで告発した。

ジェニファー・ブレイクリーは「一部のGoogleの取締役たちが、女性を食い物にする行為が日常的になりつつある」と、厳しく非難した。

それから6カ月を経て、Googleの法務部の最高責任者は辞職を表明したと伝えている。

ドラモンドは2019年08月のバズフィードの取材に対し、自身が「完璧からほど遠い人物」であると認めつつも、GoogleやAlphabetの社員と不適切な関係を結んだことは無いと声明で述べた。一方で、一部報道でドラモンドは2019年9月に別のGoogle社員と結婚したと報じられている。

問題は、この不適切な関係の意味で、恋愛なら不適切な関係とは言えないが、別のGoogle社員と結婚する前に、前の恋愛相手をどうしたかだろう。

若者が多い会社では、起こりやすい問題である。

米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は2018年に、Googleはが社内のセクハラ事件を隠蔽していた事を報じ、世界で20万人以上のグーグル社員らが抗議活動を行ったという。

その後、GoogleのCEOサンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)は問題の存在を認め、ハラスメントに関する調査を進めると宣言した。一部の社員は、ドラモンドが幹部の座に留まっていることは、同社が問題に真剣に取り組んでいないことの証明だと述べていたという。

「ニューヨーク・タイムズ」によると、Googleの前CEOエリック・シュミット(Eric Schmidt)は、愛人を企業コンサルタントとして採用していたという。

また、共同創業者のセルゲイ・ブリン(Sergey Mikhailovich Brin)は2014年に、女性幹部と不倫中だったとされ、2019年12月に経営から退いていた。

Twitter上で、Googleの関係者らは、ドラモンドが退職にあたり、以前の幹部に与えられたような特別ボーナスを受け取っていないことを指摘した。

アンドロイドの父(father of Android)と呼ばれたアンディー・ルービン(Andy Rubin)の場合は、セクハラ報告を受けて退職した際にUS$9000万もの退職金を得ていたという。

つまり、Googleは、金を持ってセックスに狂った幹部の会社であった。

2013-05-27---ノルマンディー上陸の米兵は、「女性に飢えた荒くれ者。」
2020-01-01---Googleの2020年年頭Web。
2005-11-08---米国の海兵隊は「セックス・テロリスト」?!