2019-11-26

国内の現金送金は、2024年に最高US$35億をモバイル送信。

モバイル・マネー銀行

Mobile World Liveは2019年11月26日に、ジュニパー・リサーチ(Juniper Research)は、新興市場でのモバイルキャッシュトランスファーテクノロジーの使用と、米国のソーシャルネットワークを介した支払いの採用の増加が、デジタル送金の急増を促進すると予測したと報告した。

デジタルマネー転送ビジネスに関する最新のレポートでアナリスト会社は、2019年に予想されるUS$1.8兆から、2024年に少なくともUS$24兆が同じ国のユーザー間で、モバイル・トランザクションを介して送信され、84%がデジタル転送されると予測した。

この成長の大部分は、新興市場でのモバイル・マネー・サービスの人気と普及によるものだと同社は述べた。

モバイル・マネー・サービスは、予測期間の終わりまでに中東とアフリカの人口の84%に達すると予想されていることに注意した。

その他の地域でジュニパー・リサーチは、予測期間内に取引額が280%増加すると予想される米国での社会的支払いの継続的な増加を特定した。

ジュニパー・リサーチは、PayPalのVenmoが米国のソーシャルペイメント市場で確固たる地位を築いていたが、FacebookはFacebook Payブランドの立ち上げにより資産の活用を試み、既存および今後の支払いサービスを統合すると述べている。

さらに恐ろしいことは、Facebookが発表した仮想通貨「リブラ(Libra)」によって、中国やロシアが、同様の仮想通貨を発行すると言いだしたことである。

その数は、さらに増えそうだと言うことである。

日本も真剣に、考える時がきた。

以前から話しているように、手数料で稼げる銀行時代の終焉である。

金融庁ももう仮想通貨いじめから、卒業する時期に来ている。

2019-10-23---Facebookのザッカーバーグ、米国は「仮想通貨で中国に敗退する」と主張!
2019-10-14---FacebookのLibraキー支援者。
2019-10-14---Facebook、「リブラ協会(Libra Association)」設立総会を開催した。
2019-10-10---MasterCardとVisa、FacebookのLibra支援。
2019-10-05---PayPal、Libraプロジェクトに不参加表明。
2019-09-29---ロシア政府が準備を進めている「インターネット鎖国」
2019-09-18---ドイツ政府ブロックチェーン戦略を承認。
2019-09-11---FacebookのLibraプロジェクトをスイスの規制当局が精査する。
2019-09-05---Twitterのジャック・ドーシー、Facebook仮想通貨不支持表明!
2019-09-04---モバイル・マネーのため、暗号通貨の発売が近いTelegram。
2019-07-24---Facebook、当局制裁で49%減益。
2019-07-22---また、Facebookの「子供メッセンジャー」に欠陥!悪用の可能性。
2019-07-16---Facebookのデビッド・マーカスは、当局承認まで「リブラ」を発行しない。
2019-07-12---Facebookに制裁金約US$50億で、米国FTCが和解案承認。
2019-07-03---イギリスのFCAは、仮想通貨デリバティブの個人向け禁止を提案。
2019-07-03---世界の中銀、Facebookの仮想通貨「Libra」に警戒!
2019-06-18---Facebook、2020年からの仮想通貨「Libra」発行計画「White Paper」を発表。
2019-06-12---アナリストは、モバイル財布の高い成長を予測。
2019-04-04---Ant Financial、ASEANで成長する市場の可能性を強調。
2019-03-22---WeChat Payのチーフ、世界規模の拡大戦略を発表。
2019-01-04---中国のモバイル決済ユーザーが2023年までにほぼ10億人に達する。
2019-01-02---中国は小売業者が現金を拒絶し、教育的指導を実施!
2018-12-10---中国の小売業者に、モバイル・マネーだけの選択に対して警告。
2017-08-08---中国で、スマホ決済「2強」が激突!銀行