2019-11-25

豊田通商、インドでMaaS企業にUS$600万出資。

ロジスティクスインド

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年11月26日に、豊田通商は2019年11月25日に、インドでITを活用した次世代の乗り物サービス「MaaS(Mobility as a Service/マース)」事業を展開するスタートアップ企業スーパーハイウェイラボ(Super Highway Lab)にUS$600万(約6億5,300万円)を出資したと発表したと報告した。

出資比率は3.1%で、事業発展段階で行う資金調達「シリーズCラウンド」をスパークス・グループ(Sparks Group)が運用する未来創生ファンドとともに主導。未来創生ファンドはUS$1,200万を出資した。そのほかの出資者は非開示。

スーパーハイウェイラボは、北部グルガオン(Gurgaon)を本拠に、中・長距離バスアプリサービス「シャトル(Shuttl)」を手掛ける。

豊田通商はインド国内外に持つ総合商社としてのビジネスネットワークをシャトルの事業を通じて活用し、インドの交通事情に貢献していきたい考えで。大量輸送の普及により、交通渋滞や大気汚染の緩和につながると期待する。

「シャトル」」は現在、デリーNCR(Delhi National Capital Region/首都圏)、東部コルカタ(Kolkata)、南部ハイデラバード(Southern Hyderabad)、チェンナイ(Chennai)、西部プネ(Pune)、ムンバイ(Mumbai)の6都市で展開。

1日当たりのバス運行台数は2,000台、乗車回数は10万回を実現している。

今後は2年後をめどに、バス運行台数を1万台、乗車回数を50万回と、約5倍の事業規模を目指す。

豊田通商の広報担当者は、「当社の事業との連携の計画は現時点ではないが、スーパーハイウェイラボとの協議を通して決めていく」とコメントした。

スーパーハイウェイラボは2015年創業で、2019年03月時点の従業員数は350人。
2018年にも、米国のアマゾン・コム(Amazon.com)や電通などから資金調達している。