2019-11-29

世論調査の結果、スコットランド民族党の夢が崩れそう。

政治イギリス

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2019年11月29日に、イギリスで2019年12月12日に実施される下院(定数650)選挙で、ボリス・ジョンソン首相(Prime Minister Boris Johnson)率いる与党・保守党が絶対多数の359議席を確保する可能性が出てきた。

選挙前の317議席から42議席を上積みし、過去30年超で最大の勝利を収めるとの予測が出たと、インターネット調査会社YouGov(ユーガブ)が最新の調査結果を明らかにした。

YouGovは精度が高いとされるMRP方式という予測モデルを用いて、2019年11月19~26日にかけて約10万人の有権者を対象に調査を実施した。イングランド、ウエールズ、スコットランドの選挙区ごとにモデル化して調べた。

それによると、最大野党・労働党は211議席と大きく51議席減らし、戦後最大の敗北を喫する見込み。

スコットランド民族党(SNP)は43議席と8議席伸ばし、自由民主党は1議席しか増やせず13議席にとどまると予想している。一方で、ブレグジット党は議席を確保できない見通し。

YouGovは、今回の調査モデルを2017年の前回選挙時にも使用し、保守党の過半数割れを当てていた。

次回総選挙では結果の変動を考慮した場合、保守党の獲得議席は328から385議席の間になるという。いずれにしても過半数議席を確保するが、僅差となるか地滑り的大勝となるかは不透明だという。

ボリス・ジョンソン首相は先に、保守党のマニフェストを公表。
EU(European Union/欧州連合)との「WAB(Withdrawal Agreement Bill/離脱協定法案)」の審議をクリスマス休暇前に開始し、「Brexitを達成して新たなイギリスを生み出す」と宣言している。

同首相は10月の選挙キャンペーン開始以来、各世論調査会社の支持率調査で、労働党のコービン党首に大きく差を付けてトップを維持。

YouGovの今回の調査では、EU離脱の是非を問う2016年の国民投票時に離脱派が勝ったイングランド北部やウエストミッドランズの都市部、イーストミッドランズの炭鉱地域などで、保守党が勝利する可能性が高いとの結果が出ている。

スコットランドに限ると、SNPが労働党から5議席、保守党から2議席、自民党から1議席をそれぞれ獲得するとみられ、イギリスからの独立を巡る住民投票の再度実施を訴えるスタージョン党首にとっては追い風になると予想されている。

ただし、どの政党も絶対多数が取れない時に、うまく立ち回って、イギリスからの独立を巡る住民投票の再度実施を訴える考えであったが、その夢は、脆くも崩れそうである。

そして、イギリスの知識層が、ボリス・ジョンソン首相は適任ではないといていたが、そのメモ壊れ、過去30年超で最大の勝利を収めるかもしれない。
さらに、ボリス・ジョンソンは、日本の子供の夢も壊している。

イギリス人は、2016年01月25日に、すでに、すべて次の首相の顔を知っていた。
しかし、彼の政治についてそんなにほとんどを知らない理由?

次の保守党リーダーシップのために、誰が来るかを知っている。

3年前の投票において、91%は彼の写真を正しく識別した。

次の保守党リーダーシップのために、誰が来るかを知っている。

3年前の2013年の投票において、91%は彼の写真を正しく識別した。

94%認められているデイビッド・キャメロン(David Cameron)、よりおなじみであった。

彼の毛、彼の学校、彼のバイク、彼の一服-whaff、および彼の私生活。

しかし、彼が総理大臣として似たものをほとんど知らない。
彼は真面目ではない。

彼は、自身も知っているテレビコメディ個性であると言う。

本当に、コンな奴に、イギリスの未来を託していいのか?

2016-07-14---ドイツは、ボリス・ジョンソンが新外務秘書官にしたイギリスを笑った!
2016-01-25---イギリス人は、すべて次の首相の顔を知っている。
2015-11-24---ロンドン市長の自己満足!指は2本か?1本か?
2015-10-15---ロンドン市長が爆走!日本の10歳の子供を投げ倒す!
2014-09-02---ボリス・ジョンソンは、拒絶された空港計画は、死んでいないと言う。
2012-12-04---ロンドン市長ボリス・ジョンソンは「切り詰めた」EUの関係を要求!
2008-05-13---ロンドン市長ボリス・ジョンソンの月刊新聞閉鎖!