2019-11-22

ミャンマーのスー・チー、経済界に外資誘致の促進強調。

経済ミャンマー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年11月25日に、アウン・サン・スー・チー(အောင်ဆန်းစုကြည်;/Aung San Suu Kyi)国家顧問兼外相は2019年11月22日に、首都ネピドー(Capital Naypyidaw)で行われたUMFCCI(Union of Myanmar Federation of Chambers of Commerce and Industry/ကုန်သည်များနှင့် စက်မှုလက်မှုလုပ်ငန်းရှင် များအသင်း/ミャンマー商工会議所連盟)の100周年記念式典でスピーチし、インフラ開発のノウハウや資本を国内企業が得られるよう、FDI(Foreign Direct Investment/海外直接投資)をさらに呼び込む決意を示した。

スー・チーは世銀(世界銀行/Wotld Bank)が先ごろ発表した2020年版「ビジネス環境ランキング(Doing Business 2020)」で、ミャンマーが前年の171位から順位を6つ上げ、165位となったことを引き合いに、「官民が協力した結果だ」と語った。

ただ、「政府と民間部門の協力は、インフラ開発のノウハウや資本の確保において(まだ)限定的だ」と指摘した。

経済振興に向けた課題を克服するために「政府はFDIを呼び込もうとしている」と述べた。

スー・チーは、30年までの経済発展の指針となる行動計画「MSDP(Myanmar Sustainable Development Plan/ミャンマー持続可能な開発プラン)」に沿い、改革の妨げになる障壁を取り除くと説明。国の成長エンジンである零細・中小企業を支えるとする一方で、「零細・中小企業は、外国企業を受け入れることによる事業環境の変化に適応しなければならない」とも述べた。

スー・チー氏は10月に日本で行った投資フォーラムでの講演においても「改革を進め、投資の機会を増やしたい」と強調。

経済成長を加速するため、規制緩和による市場開放を進める姿勢を、国内経済界にもあらためて示したとみられる。