2019-11-22

日本政府の量子コンピュータ開発ロードマップ。

来未量子

日本経済新聞 電子版は2019年11月22日に、政府は次世代の高速計算機である量子コンピュータなど量子技術の研究開発戦略の柱となるロードマップ(行程表)をまとめたと報告した。

ものづくりや金融サービスなど多くの分野にイノベーションを起こすとみて、産学官が連携して関連技術を開発する。

約20年後に幅広い計算に利用できる量子コンピュータの開発などを盛り込んだ。

米国や中国が重点投資を始めており、追い上げる態勢を整える。

政府は量子技術をAI(Artificial Intelligence/人工知能)、バイオと並ぶ重要分野と位置付け、初となる開発戦略を年内に策定する。

行程表はその指針となり、2019年11月27日に開く有識者会議で示す。
日本が今後20年程度の間に優先して取り組む具体的な項目や、想定している開発時期などを提示する。

スーパー・コンピュータをしのぐ能力をもつ量子コンピュータでは計算する基本的な素子(量子ビット)の数が100個の機種を10年後をめどに開発する。「ゲート方式」と呼ぶ汎用型で、米国のGoogleやIBMがすでに約50量子ビットの装置を試作している。

これに匹敵する性能を目指す。さらに量子ビットを増やし、2039年ごろに応用可能な本格的な量子コンピュータが実現すると予測している。

政府は量子技術の研究開発に向け、2020年度予算の概算要求に2019年度比で2倍の約300億円を盛り込んだ。

新たな戦略を踏まえ、5年間で国内5カ所以上に「量子技術イノベーション拠点」を整備していく。総額約1千億円を投じる「ムーンショット型研究開発制度」でも量子コンピュータを開発していく方針だという。

ただし、今最初の一歩を歩み出し、これまで地道に研究してきた人たちの意見だけで作られた未来構想で、ほんとに大丈夫?

まだまだよちよち歩きの赤ん坊の意見を聞いて、天才だと騒ぐ。
まるで親バカ!

米欧や中国も国や企業が量子技術への投資を相次ぎ拡充している。米国は「量子情報科学の国家戦略概要」を策定して、2019 19年からの5年間で最大US$13億(約1400億円)を投じ、研究開発や人材育成の拠点を10カ所程度整備する。

EU(European Union/欧州連合)は€10億(約1200億円)規模のプロジェクトを始めた。

ドイツやイギリス、オランダなどは独自の投資計画もある。

中国は量子通信と量子コンピュータを重大プロジェクトと位置付ける。1兆円規模ともいわれる資金を投じた研究拠点が20年に完成予定だ。アリババ集団などのIT企業も政府の研究機関と量子コンピュータ開発で協力する。

量子技術にはコンピュータのほかにセンサーや通信・暗号、材料など関連テーマが数多くあり、情報通信や製薬、金融、物流など幅広い産業に影響をもたらすとみられる。

将来の国の競争力を左右するため、日本も海外勢に対抗する戦略が必要になっていた。
マテリアル開発など、強みのある分野に量子技術を生かしていくという。

さて、その結果は、どうなることか?
あれだけ騒いだIPSも下火で、予算が削られている。

量子コンピュータの話題が出るたびに、仮想通貨の大暴落は、もうよそう。

そんなに悲観的になって、仮想通貨は株よりも未来的。

量子コンピュータで、仮想通貨がダメージを受けるとき、Google、Facebook、Twitter、Amazon、アリババや、シリコンバレーは消えている。

生き残るのは、AppleとIBMだけかも知れない。

こういうのは、いつも気が小さなアメリカ人が心配になり、譫言のように言い出す。

それに、暗号通貨やブロックチェーンの分野に、最先端技術者が集積している。

それでも、まともな量子コンピュータができる頃は、私は確実に死んでいる。

最近のバカでヤクザな新聞社の記事を信じるから、混乱する。

私は、昔から何度も新聞社の人の話を聞いたが、全て又聞き、これでは、永久に博士論文か書けない。

2019-11-13---官民で機密保護強化、米中が先行の量子暗号の実用化へ、官民で日本が追う。
2019-11-05---電子の超高速振動が初めて見えた!
2019-10-23---Googleの量子コンピュータ・ニュースで、Bitcoin大暴落。
2019-10-23---Googleの広告を信用するな!
2019-10-21---Googleの量子コンピュータで「量子超越」達成ニュースをIBMが全否定。
2019-06-25---Googleは、「偽業者」約1100万社のGoogleMaps乗取りで稼ぐ!
2019-02-06---Google、Yahoo!Japan、偽ビザ詐欺Webサイトをトップ表示。広告料搾取!
2018-04-11---量子コンピュータも解けぬ暗号新技術開発。
2018-02-14---量子コンピューター進化の先、仮想通貨も丸裸になるか?
2017-11-27---量子コンピュータ、NTTがクラウドで一般公開。
2017-09-25---マイクロソフト、量子コンピュータ専用プログラミング言語を公開。
2017-02-01---量子コンピュータ実現へ、モジュール接続に新手法。
2015-03-12---イタリア観光客の食事代が、マフィア資金源。
2014-09-03---Googleは、世界最速のコンピューターを作っている。
2014-08-11---量子コンピューターは、グローバルな暗号化システムを脅かすか?
2012-07-19---陰陽道の符号のような量子世界の調査、研究アンプ・デバイス。
2012-01-10---Googleは、不法なオリンピック・チケット広告で稼いでいた刑事犯!
2010-02-26---話題の電子スピンコントロールが、量子コンピュータを現実化!
2007-10-19---量子技術は「Spookytechnology(お化け技術)」ではなくなった!
2007-09-27---長距離、超高速量子コミュニケーションの実現!?
2007-05-01---クラッカーの罠は、Google広告の次がWikipedia!
2006-06-08---量子コンピュータの新しいエラーチャック方式を開発
2006-02-22---本当に動作する非走行量子コンピュータを組立てた。