2019-10-18

日本の地球観測衛星、初の海外輸出で契約。

宇宙調査研究

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年10月21日に、住友商事は2019年10月18日に、VNSC(Vietnam National Space Center/ベトナム国家宇宙センター/旧Vietnam National Satellite Center/ベトナム国家衛星センター)と、地球観測衛星の調達・打ち上げに関する契約を結んだと報告した。

事業費は200億円で、円借款で賄われる。
2023年の打ち上げを予定しており、日本開発の地球観測衛星で、ベトナムが海外初の取引先となる。

住商がとりまとめ、NEC製の高性能小型レーダー衛星「LOTUSat(ロータスサット)―1」(質量/570kg)を打ち上げる。日本で2018年01月に打ち上げられた「ASNARO(アスナロ)-2」をベースとしたもので、SAR(Synthetic Aperture Radar/合成開口レーダー)を搭載。自然災害や気候変動への対策、農業などに役立てる。

同事業は、日本のODA(Official Development Assistance/政府開発援助)で打ち上げられる人工衛星としても海外初の事例となる。

JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)は2011年、ロータスサットの打ち上げ計画向けに、「衛星情報の活用による災害・気候変動対策事業」として、ベトナム政府と72億円の借款契約を締結していた。

関係者によると、プロジェクトの進行に応じ、順次追加で借款契約を結んでいく予定という事である。ロータスサットは計2基を打ち上げる構想で、事業総額は500億円。住商が受注した今回の事業以外では、打ち上げ施設の建設や人材育成、「ロータスサット-2」の打ち上げなどが予定される。

日本は、より商業的な通信衛星で輸出実績はあるが、公共性が強い地球観測衛星の打ち上げは今回が初めてとなる。

ベトナムは、フランス政府の支援で2013年に小型光学地球観測衛星「VNREDSat―1a」を打ち上げて運用しているものの、軌道上寿命が間もなく終了する見込みだという。

NECは、宇宙開発で大きな汚点があり、当時の関本忠弘代表取締役会長の辞任にまで発展したことがあり、完全撤退したこともあった。

その背景には、宇宙開発では、三菱電機に勝てないという長い戦いのコンプレックスと焦りがあったとも言われている。