2019-10-14

韓国の曺国法相が辞任表明。

犯罪と裁判

ハフポスト(Huffpost)の日本語版、日本経済新聞 電子版、MAG2Newsは2019年10月14日に、曺国(조국/Cho Guk/チョ・グク/1965 - )が2019年10月14日に、文在寅(문재인/Moon Jae-In/ムン・ジェイン)大統領に辞表を提出し、受理され、法務大臣を辞任したと報告した。

曺国は2019年09月09日に法務大臣に任命されたばかりであり、任命者である文在寅大統領の政権へのダメージは避けられない見通しだと伝えている。

曺国の家族をめぐる不正疑惑が生じ、ソウル中央地検が捜査を進めていたこと、政権が公約としてきた検察改革についてなど、国民に向けて声明を発表した。

しかし、保守系野党「自由韓国党」の黄教安(황교안/黃敎安/Hwang Kyo An/ファン・ギョアン/1957 - )代表は「法相辞任は時既に遅しだ」と批判した。

曺国は、娘(チョ・ミンヒ)の大学院の不正入学や私募ファンドの不透明な運用などで親族が相次いで起訴・逮捕され、むいてもむいても疑惑が浮上し、出てくることから通称「玉ねぎ男(양파 남자)」と呼ばれていた。

調査会社リアルメーターが14日発表した世論調査では、曺法相の退陣を求める声が55.9%で、維持を求める声(40.5%)を大きく上回った。文在寅大統領への支持率も41.4%と10月第1週に比べて3ポイント下落。不支持率は3.8ポイント増え、56.1%に達していた。

MAG2Newsでは、日本語による辞意発表全文を公開しているので、転載する。

国民の皆さん!

これ以上私の家族のことで大統領と政府に負担をかけてはならないと判断しました。 私が長官の席から降りてこそ、検察改革の完遂が可能な時が来たと思います。私は検察改革のための「焚き付け役」に過ぎません。

焚き付け役の役割はここまでです。

あらゆる抵抗にもかかわらず、検察改革がここまで来たのはすべて国民のおかげです。国民は私を降ろして、大統領に力を合わせてくださることを切に願っています。検察改革の制度化が軌道に乗ったことは事実ですが、進むべき道は遠いです。これからは私より強力な推進力を発揮してくれる後任者にバトンを渡して仕上げをお願いしたい。家族全員が満身創痍になって個人的にもことばにできないほどとてもつらかったです。

しかし、検察改革を応援する多くの市民の意思と情のために耐えることができました。もうすべてを投げ捨てて、人生で一番辛い時間を過ごしている家族のそばにいながら慰めてあげようと思います。

私よりもっと傷ついた家族たちをこれ以上自分勝手に耐えろとは言えない状況になりました。特に元々健康がとても悪い妻は一日一日をぎりぎりで支えています。人生で一番つらくて苦しい時間を過ごしている家族のそばに今一緒にいてあげられなかったら一生後悔すると思います。家族が自暴自棄にならないように、ただそばで家族の温もりでこの苦痛を一緒に耐えるのが自然人としての道理だと思います。

国民の皆さん!

私の使命は終わりました。私はもう一人の市民に戻ります。しかし、荒野の中でも検察改革の目標を忘れずに市民の心とともにあります。これまで足りない長官を補佐し、短期間で成果を出すために最善を尽くしてきた法務部の幹部職員に深く感謝します。 後任者がいらっしゃる前まで、動揺することなく業務に精進してほしいです。

最後に、国民の皆さんが私を踏み台とし、検察改革の成功のために知恵と力を集めてくれることを切に願います。

ありがとうございます。

2019.10.14. ヂョ・グク

2019-08-29---韓国最高裁、朴前大統領の実刑判決破棄。さらに重罪へ!?
2019-08-22---どうなる日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄。

Related Dates