2019-09-16

インドで中古車販売が拡大!本年度は440万台見通し。

経済インド

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年09月17日に、新車販売が低迷するインドで中古車の売買が活発になっていると報告した。

インドのライブミント(Livemint/電子版)が2019年09月16日に、大都市で車両の買い替えが進んでいることを背景に、業界関係者は2019/20年度(2019年04月~20年03月)の販売台数が前年度比10%増の440万台に拡大すると予想すると伝えたと報告した。

インドの自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)の中古車販売部門MFCWL(Mahindra First Choice Wheels Ltd./マヒンドラ・ファースト・チョイス・ホイールズ)は440万台、中古品売買のマーケットプレースを運営する米国系OLXのインド法人は440万~450万台に達するとみる。

インドの大都市では、大気汚染対策の一環で走行できる車両の年数に制限がある。デリー首都圏(NCR)では、車齢が15年を超えるガソリン車と同10年超のディーゼル車の走行が禁じられている。これらが中小都市に流れ、中古車の取引を活発化させているようだ。「大都市のユーザーが短期間に車を買い替えるようになったことも影響している」と、MFCWLのアシュトシュ・パンデイ(Ashutosh Pandey, chief executive of Mahindra First Choice Wheels)は分析する。

OLXインディアの自動車部門で副社長を務めるスニー・カタリア(Sunny Kataria, vice president of auto at OLX India)は、「ティア2(tier II)」と呼ばれる中都市では2018/19年度下半期に中古車需要が10%増加したと話す。