2019-07-25

US$100紙幣の上昇。

モバイル・マネー調査研究銀行

IMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)が定期的に公開しているIMFBlogは2019年07月25日に、奇妙なことが米国通貨で発生した。

最近、史上初めて、US$100紙幣が、流通量で遍在するUS$1紙幣を追い越した。
つまり、米国で最も価値のある紙幣が最も広く流通するようになったと報告した。

2019年07月の第4週のチャートに示すように、IMFのFinance&Development誌の記事に基づいて、今までにない1US$100紙幣が発行されており、世界的な金融危機以来、約2倍になった。

紙幣の数でわかるるように、特にキャッシュレス・オプションが日ごとに増えているとき、ベンジャミンズのこのブームを説明するものは何か? すべてのこのデジタル時代に、アメリカ人は高額のドルで急に懐かしくなったのか?

正確には、そうではない。 米国通貨に対する全体的な需要は確かに増加しているが、ほとんどのUS$100紙幣は海外で保持されている。 シカゴ連邦準備銀行(Federal Reserve Bank of Chicago)によると、US$100紙幣の80%近く、および米国の紙幣全体の60%以上は、1980年の約30%から海外で増加している。

米国で最も価値のある紙幣が最も広く流通していた。

FRBのエコノミストであるルス・ジャドソン(Ruth Judson)によると、地政学的な不安定性がUS$100紙幣の急増の背後にある理由の1つである可能性があり、「米ドルに対する海外の需要は、安全な資産としての地位に起因する可能性が高い。」とルス・ジャドソンは、2018年にリッチモンド連邦準備制度のエコン・フォーカス(Richmond Fed’s Econ Focus)で語った。

ルス・ジャドソンの2017年の論文によると、米ドルに対する国際的な需要は1990年代から2000年代初頭にかけて増加し、2002年に現金ユーロがデビューした後、安定または減少した。 この需要の減少は、世界的な金融危機が米国の紙幣に対する新たな需要を引き起こした2008年後半まで続いた。

ハーバード大学のケネス・ロゴフ(Harvard University’s Kenneth Rogoff)は、大きな紙幣と違法行為は密接に関連していると言った。 「世界的に価値の高い通貨紙幣は、主に税金や規制を回避し、違法行為に使用されます。」と彼は 「世界中の主要都市のアパートや住宅は毎日現金で支払われていますが、それは買い手が銀行の破綻を恐れているからではありません。」と述べている。

別の要因が関係しているかもしれない、と別の要因が関係しているかもしれない、とケネス・ロゴフは言う。 「紙の通貨に対する地下需要は、金利とインフレ率が非常に低いため、確実に増加しています。」「紙の通貨に対する地下需要は、金利とインフレ率が非常に低いため、確実に増加しています。」とケネス・ロゴフは言う。

しかし、なぜドルなのか? ケネス・ロゴフによれば、主要な国際準備通貨としてのその役割が重要かもしれない。

2017-05-30---『現金の呪い』
2016-11-17---インドの高額紙幣廃止で混乱!
2015-06-26---紙幣を燃やす、新しい熱狂。
2012-06-18---通貨を作成する方法。貨幣の印刷と鋳造。
2012-06-14---キャッシュレス社会での生活「The end of money」
2012-02-17---ナチは、偽札を作っていた!
2011-01-01---2011年は、世界でお金が変わります!
2009-12-06---麻薬カルテルの通貨がユーロになった!
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。