2019-08-06

アップルは、カードの発売を開始。

モバイル・マネー銀行ビットコインブロックチェーン仮想通貨暗号通貨暗号資産

Mobile World Liveは2019年08月06日に、Appleは、一部の顧客にApple Cardの提供を開始したと報告した。
これにより、Appleは今月、新しい支払いプラットフォームの立ち上げを軌道に乗せた。

3月にMastercardは、米国金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)と提携してクレジットカードの発売を発表した。
Appleは、顧客に新しいサービスの申請を促した。

最初に利用可能になったときに通知を要求した人にアクセスを提供している。

Appleは今月後半に利用可能性を拡大し、顧客はiPhoneのウォレットアプリから直接カードを申請できるようになると予想されている。

この動きは、iPhoneの停滞と成長の鈍化に直面して、iPhoneへの依存を減らすことを目的としているため、Appleがサービスを推進する一環である。

Appleは、四半期決算発表で、2019年04月〜06月期のiPhoneの売上が12%減となったことを発表した。

Appleの主要な収入源であるiPhoneの売上減少は重大な問題である。アマゾンやマイクロソフトとの競争に直面するAppleは、2018年の初めから仮想通貨の採掘を行うアプリのアップストアでの配布を禁じてきた。

一方で、提携先であるゴールドマン・サックスの新CEOに2018年10月に、仮想通貨に前向きなスタンスをとるデイビット・M・ソロモン(David M. Solomon)が就任して以降、仮想通貨関連事業への意欲を示している。ソロモンは資産のトークン化や、ステーブルコインの導入に関心を抱いている。

しかし、JPモルガン(J.P. MORGAN)やシティバンク(Citibank)も、価格変動が激しいことから顧客が大きな負債を抱えることを懸念し、クレジットカードを用いた仮想通貨の購入を禁止する措置をとっている。

日本のCitibank Japan Ltd.は、金融庁に業務停止を受けた関係者と2019年に縁を切った。
縁を切るのに10年かかった!

今月後半に利用可能性を拡大し、顧客はiPhoneのウォレットアプリから直接カードを申請できるようになると

このカードは、Apple Payプラットフォーム上で構築するように設計されており、ユーザーは商品やサービスをオンラインで、またはiPhoneを介して店頭で支払うことができる。

Appleは、年会費、取引料、ペナルティ料なしでクレジットカードを提供する。 ユーザーは、会社から直接購入した商品やサービスの割引やオファーを受け取る。

たとえば、Appleの小売店やオンラインストア、iTunes、Apple Musicからの買収により、顧客に3%のキャッシュバックがもたらされる。

サービスの展開に加えて、新しいクレジットカードでは、ユーザーが仮想通貨、宝くじ、外貨、またはカジノギャンブルチップを物理的または仮想的に購入することはできない。

当然である。

仮想通貨先進国の日本では、クレジットカードで仮想通貨を買えるようにして、多くのユーザーが便利すぎて自己破産した。
そこで日本では、2018年02月ごろから、クレジットカードで仮想通貨の購入を禁止している。

Forbes JAPANは2019年08月06日に、アップルの「Apple Card」が仮想通貨の購入を禁止する理由について、」を公開している。

マネー・ゲームにとって、便利は危険!

2018-08-25---日本を標的にしたカード偽造!ブランド品大量購入。
2018-05-10---アップル、ゴールドマン・サックスとクレジットカードで提携。
2018-03-09---bitFlyerも、クレジットカードでの仮想通貨購入サービスの停止。
2018-02-20---「仮想通貨は悪」の既視感!
2018-02-09---クレジットカードで、Bitcoin購入禁止の動き!
2017-10-03---ゴールドマン・サックスのCEO、Bitcoinの「結論は出ていない。」
2009-06-26---金融庁はシティバンクに対する一部業務停止命令を出した。