2019-08-06

Appleバグ報奨金プログラムが、今月行われる。

シャロット・ヘンリー(Charlotte Henry)はMacObserverで2019年08月06日に、Appleは、2019年08月末までに「Macバグ報奨金プログラム(Mac bug bounty program)」を開始する予定だと報告した。

フォーブス(Forbes)はまた、本社でのブリーフィング中にトップハッカーにiPhoneを配ったと報告した。

情報筋は、Apple Macの報奨金も発表するので、macOSでセキュリティの問題を発見できる人は誰でも報われると主張している。

ただし、Appleはコメントを避けた。

iPhoneは、金銭的な見返りと引き換えにApple製品のバグを公開する。


アップルの本社があるCupertinoに招待されたロックスターハッカー(rock star hackers)による限定のバグ報奨金プログラムに参加する人に贈られる。


2016年のブラックハット・カンファレンスで発表されたように、支払いはUS$200,000に達する可能性がある。