2019-08-06

ボーイング737 Maxは、最大の飛行停止!

経済観光ロジスティクス

世界で最も包括的なフライト・ステータスのデータベースを持つOAG Aviation Worldwideのジョン・グラント(John Grant)が2019年08月06日に、B(Boeing/ボーイング)737 Maxの地上停止は継続しており、航空会社のオペレーターにとっての商業的損害は、多くのオペレーターにとって、夏のピーク・シーズン中にキャパシティの損失が最大になり、増加しているようであると報告した。

では、その被害はどれだけ大きいのか、現在の状況はどうなのか?

OAGのジョン・グラントは、最新の分析ツールを使用して、2月中旬までさかのぼり、すべてのB737 Maxオペレーターが提出した最新のスケジュールを2月中旬に遡って比較した。

その数は、4,100万席という数字が弾き出された。

Table 1の表では、選択したオペレーターの元の計画容量の概要を示し、現在計画中のB737 Maxの操作と比較した。本質的には、飛行停止「前後」の評価である。

すべてのキャリアについて、提供されるキャパシティが大幅に削減されているようである。その多くは、今年度のキャリアの当初の計画で想定されていたものである。

直前のスケジュール調整は、どの事業者にとっても困難であることがわかっているが、B737 Maxの飛行停止の規模は多くの人にとって非常に破壊的である。

エア・カナダ(Air Canada)は、約320万席の損失を被った最大の航空会社で、アメリカン航空(American Airlines)は200万席近くを失った。

実際、北米の5つの主要航空会社では、2月中旬に提出されたスケジュールと比較して、約1,100万席が売り上げから減少している。

多くの航空会社はもちろん運用上の調整を行い、おそらくより低いレベルの能力で航空機を運用し続け、その回復プログラムの一環としてかなりの追加費用が発生した。

もちろん、会計士は、発生した不便さに対する一連の請求を準備する際に、根拠の結果として発生するすべての費用を非常に注意深く監視する。

10月の最後の週に多くの航空会社に冬のスケジュールが導入されると、通常、少なくとも新年の早い時期まで、季節によってキャパシティがわずかに減少する。

同様に重要なことは、その日が多くの航空会社にとって重要な計画のマイルストーンであり、現時点では多くの航空会社がまだスケジュールを最終化および調整していないため、10月末からB737 Maxサービスを表示し続けている。

多くの航空会社にとって、緊急時対応計画はすでに実施されており、航空機が商業運転に復帰できるようになるという推測が継続するため、その日までに航空機は、現実的なサービスに戻ることが想定されている。

もちろん、その後の賠償請求における航空会社にとっては、11月以降に予定されているサービスを公開する。彼らのケースは、確実に害するものではない。

B737 Maxの飛行停止コストは、もちろん航空会社によって異なる。
一部の航空会社はB737 Maxのフライトへの依存度が高く、一部の航空会社は代替航空機への迅速かつ安価なアクセスを提供しており、一部の航空会社はコストの一部を軽減できたかもしれない。

コストに加えて、多くの航空会社の収益の損失も発生する。

一部の航空会社は、B737 Maxのキャパシティに基づいてより安価で高度な購入キャパシティを販売したため、当初の意図どおりにフライトを収益管理できなかった。

追加費用の複合的影響のためにUS$100の想定元本を使用する。
直接および間接の両方、そして航空会社にとって収益の損失は、失われたキャパシティに影響し、US$40億に達する可能性があり、11月の再導入はますます起こりそうにないことを前提としている。

2019年の航空業界の予想利益が約US$280億である場合、特に、世界で最も収益性の高い一部の事業者が影響を受ける場合、そのような利益を失うことは必然的にその予想をさらに上昇する。

全ては、ボーイング(Boeing)とエアバス(Airbus)の過激な競争の結果だろう。

2019-07-18---ボーイング、「737MAX」運航停止で、利益の半分が消えた!
2019-03-15---ボーイング事故機の原因、制御ソフト修正遅れか?
2019-03-14---台湾交通部の民航局も、ボーイング「737MAX」の飛行停止。
2019-03-14---インドネシア、「737MAX8」の運航停止を04月まで延長する可能性。
2019-03-14---大韓航空、ボーイング「737MAX8」の運航計画中止。
2019-03-13---ボーイング新鋭機「737MAX」の運航禁止、欧州全域、中東に拡大。
2019-03-13---香港とマカオ当局も、ボーイング737MAXの飛行禁止。
2019-03-13---トランプ大統領、大統領令で ボーイング事故同型機の運航停止。
2019-03-12---シンガポール航空庁も、ボーイング737MAX全ての運航を一時停止。
2019-03-11---エチオピア航空事故で、中国民航局、737MAXの運航停止を指示。
2019-03-10---エチオピア航空の旅客機墜落、乗客・乗員157人全員死亡。
2019-02-27---ベトナムのLCC2社、ボーイングと110機の契約。
2018-12-05---インドネシアの「ライオンエア」、ボーイング機購入中止を検討。
2018-10-29---インドネシアの墜落機が見つかり、「生存者はいない模様」
2018-09-22---シンガポール航空、エアバスの超長距離機を世界初受領。
2018-07-16---湾の星宇航空、Airbus「A350XWB」17機調達。
2012-02-13---ボーイング社は、アジア-太平洋市場でUS$15億の成長を予測。
2012-07-09---ボーイング、航空機リース会社からUS$72億の飛行機注文。