2019-08-06

マレーシアで、デング熱感染が増加!

健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年08月06日に、マレーシアの「スター(The Star Online/電子版)」は、マレーシアでは年初来のデング熱(dengue fever)感染者数が2019年07月27日時点で7万5,913人となり、うち111人が死亡したと報告した。

前年同期に比べ感染者数は88%、死者数は68%増えたと伝えたと報告した。

特にスランゴール(سلاڠور/Selangor)州では感染者数が4万2,700人と全国の半数以上を占めており、36人が死亡した。死者数は前年同期の18人から倍増した。

中でも深刻なのが同州ペタリンジャヤ(Petaling Jaya/プタリンジャヤとも言われる)で、死者は出ていないものの感染者数が前年同期から約2.8倍の4,349人に増えた。

このほか、感染者数が多い地域はKL(Kuala Lumpur/クアラルンプール)の9,369人(死者6人)、ジョホール(جوهر/Johor)州の6,373人(死者17人)、ペナン(Penang檳城/)州の3,258人(死者8人)、サバ(سابه/Sabah)州の3,050人(死者15人)などとなっている。

観光地が多い!

また、フィリピンでは感染者数は1月から7月20日までで14万6062人と前年同期の2倍に達し、600人以上が死亡している。
タイのデング熱感染 7カ月で感染者数は5万9000人、67人死亡。
バングラデシュは、過去最悪のデング熱流行、24時間で1,000人の感染を確認。

今年は、通年の倍以上になっている。