2019-08-02

インドの「コーヒーデー」の日系コンビニ、1日遅れで開業。

食品人物

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年08月05日に、東京都渋谷区のインパクトホールディングス(Impact Holdings)は2019年08月02日に、筆頭株主として運営に参加するインドでの高級コンビニエンスストア事業「コーヒー・デー・エッセンシャルズ(Coffee Day Essentials)」の1号店マダバン・パーク(v)店を2019年08月02日に開業したと発表した。

店舗の所在地はインド南部ベンガルール(Bengaluru/バンガロール/Bangalore)のジャヤナガル(Jayanagar)で、2019年08月01日の開業が予定されていた。現地で合弁を組む「カフェ・コーヒー・デー(Cafe coffee day)」の創業者兼会長である(VG Siddhartha)が先月末に行方不明となり、遺体となって発見されたことから、開業が延期された経緯があった。

インパクトによると、ジャヤナガルはベンガルールの高級住宅地で、富裕層と上中流層の両方が住む。店舗が面する道路沿いには小型のショッピングモールが並び、住民とショッピングモールの利用者の両方の需要が見込まれる。

インパクトは、流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開。コーヒー・デーとの合弁会社CDCSPL(Coffee Day Consultancy Services Private Limited/コーヒー・デー・コンサルタンシー・サービシズ)に49%を出資している。店舗の直接的な運営は、CDCSPLの完全子会社CDEPL(Coffee Day Econ Private Limited/コーヒー・デー・イーコン)が担う。

オープン直前の会長急死には、殺人か自殺かなど何も触れていない。

◆ インパクトホールディングス株式会社 会社概要

社名 : インパクトホールディングス株式会社 (東証マザーズ・証券コード:6067)
事業内容 : 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設立 : 2004年2月
資本金 : 923百万円 ※2019年6月3日時点
代表者 : 代表取締役社長 福井康夫
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 768名(うち正社員245名) ※2018年12月末時点

インド南部ベンガルール(Bengaluru/バンガロール/Bangalore)のジャヤナガル(Jayanagar)の緯度、経度
12°55'51.0"N 77°34'48.6"E
または、
12.930842, 77.580161

2019-07-31---インド最大のコーヒーチェーンの会長急死!自殺の可能性大。

Related Dates