2019-07-25

中国で、消費者苦情が2019年上半期に、19%増の42万件超。

調査中国

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年07月31日に、中国消費者協会(中国消费者协会)が2019年07月25日に公開した資料によると、2019年上半期(01~06月)に全国で受理した消費者からの各種商品やサービスに対する苦情は42万1,373件だった。
前年同期の発表資料と比較すると18.8%増加したと報告した。

消費者協会が解決した苦情は33万2,885件で、解決率は79%。
消費者協会の苦情処理によって救済された消費者の経済損失は5億7,384万元(約90億6,300万円)に上った。

苦情の内容を見ると、アフターサービスに関するものが最も多く、全体の30.5%に当たる12万8,577件だった。
2位は品質に関する苦情(10万4,888件、全体の24.9%)、
3位は契約関連(8万1,352件、19.3%)。
以下は、
◇虚偽広告(2万9,773件、7.1%)
◇価格(1万8,901件、4.5%)
◇安全(1万8,840件、4.5%)
◇偽物(1万1,920件、2.8%)と続いている。

商品に関する苦情は19万2,181件で全体の45.6%を占めた。
類別では家庭用電子・電器類が全体の11.8%を占めて最も多かった。
サービスに関する苦情は21万4,230件で全体の50.8%。
類別では生活・社会サービス類が最大の12.8%を占めた。

iPhone 5による感電死で、アップルはいくら払ったのだろう。
このような金額は、その国の命の値段として、興味深い。

以前タイで、レンタカーを借りた時、保険に入ることが強制され、つい、「もし私が交通事故を起こして、人を一人殺してしまったら、いくら払うことにんるのか?」と聞いてしまったら、友人がタイ人に無礼だという。

しかし、私はこれから、タイで、レンタカーを借り、ドライブに出る。
そこには事故はつきものであり、あの交通量を無事故で帰ってくるのは、至難の技だと感じた。

2019-04-23---中国の2019年第1四半期の消費者苦情統計報告。
2019-04-23---2019年04月28日から、中国政府がネット通販の販促イベント。
2017-06-09---中国の宅配、まったく改善できていない。
2013-07-15---iPhone 5による感電死。アップルは調査中!
2010-03-11---中国の「広告法」改定案。
2005-03-22---中国消費者協会が苦情をリスト化したレポート作業を開始した。