2019-08-02

ロボットが壊れる日。FacebookとGoogleが支離滅裂サイトへ!

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は2019年08月02日に、米国のFacebookが2019年08月01日に、サウジアラビア政府が背後にいると見られる虚偽コンテンツがあったとして、関連するアカウントやページ300件以上を削除したと発表した。

つまり、ロシアによると言われる2016年の米国大統領選挙へのSNSを通じた偽情報の拡散が問題と同様の技法で、虚偽コンテンツによる介入の擬似版が、ロシアや中東、欧州などグローバル規模で起こり始めた。

Facebookは、217のアカウントと、144のページなどについて「組織的な虚偽の疑いがある」として削除したと報告した。

偽アカウントの保有者が地元メディアを装ったページをつくり、サウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)の32歳という若いムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman/محمد بن سلمان بن عبد العزيز آل سعود)皇太子の政策手腕をたたえたりしていたという。

一方でイランやカタール、トルコなど敵対国の批判や、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)の信用を損ねるような書き込みをしていたと言われている。

140万ものユーザーがページをフォローしていたほか、US$10万8000(約1100万円)の広告費がFacebookに支払われていた。

Facebookは一連のコンテンツについて、「背後にいるひとたちは身分を伏せているが、我々としてサウジ政府とのつながりを確認した。」としている。

国家規模の場合、US$10万8000でFacebookを抱き込むことは、安い広告経費費である。

FacebookやGoogleを利用して、情報捜査することが常識化し始めたことは、ちょうど米国の広告が、国民を欺いているとした告発に似ている。

そして、それで広告代理店が巨額の利益を得て、デザイナーがスター気取りになったのに、酷似している。

それがSNSに移動し、世界を操ることは、広告代理店とデザイナーのセットが、Webに移動し、広告より効果を上げている。

それは同時に、SNSの世界から、真実を虚偽に置き変え始め、支離滅裂な社会を産もうとしている。

私の恩師勝見勝が、電通などを偽広告企業として攻撃していたが、電通はテレビとともに巨大虚偽広告代理店に育った。

そして、美術大学は、巨大虚偽広告代理店のために、デザイナーを生み出す教育機関になった。

そして今、広告代理店では、SNSが作れなかったことから、時代遅れになりつつあり、SNSの世界へ大移動が始まっている。

もう、この傾向は、広告代理店も飲み込むことだろう。

そして、その傾向は、容易にカモフラージュで身を隠し、忍者になって、SNS運営者でも管理できなくなる方向に向かい始めてしまった。

これが、表に出ないGAFAの大罪であるが、ソフトバンクの孫正義は、AIなど、次世代のSNSで必要な武器を育て、「データ経済圏」を構築する動きに出ている。

また、米国の巨大「プラットフォーマー」のCEOに、インド人が侵略している。

2019-07-31---AIアルゴリズムは、企業に開示求ないということで、日米が大筋一致!?
2019-07-25---ソフトバンクG、2号案件としてAI投資に12兆円ファンド。
2019-07-25---Googleの親会社アルファベット、売上高19%増!
2019-07-24---Facebook、当局制裁で49%減益。
2019-07-11---フランスの「デジタル課税」法案を上院で可決。世界貿易戦争が勃発!
2019-03-20---EUのEC、「独禁法違反」 でGoogleに1900億円制裁金。
2019-02-11---「新独占」のIT関連7社が、130億人の企業・個人・国家を翻弄 !
2019-02-07---ドイツ。Facebookに個人情報を保護で、データ収集制限。
2018-12-20---「Five Eyes+3」の構築。
2018-12-07---日本の通信機器調達指針に、中国が非難!
2018-12-04---カショギ殺害 側近に11件の「電子メッセージ」で、サウジ皇太子疑惑確信へ!
2018-11-05---世界各国政府、「プラットフォーマー」の規制強化!
2018-11-02---トルコ大統領、「サウジ最高レベルが殺害命令」
2018-10-25---フリージャーナリスト安田純平。なぜ突然解放?
2018-10-23---シリアで3年間行方不明であった安田純平、解放か!?
2018-10-22---日本の個人情報保護委員会は、Facebookに行政指導!
2018-10-15---行方不明のサウジ記者は、サウジ領事館で殺害された!?
2018-10-08---やっぱり起こったGoogleの個人情報流出!50万人分?
2018-10-06---Facebookセキュリティ崩壊!
2018-10-05---中国製「スパイ」半導体、米国企業をサイバー攻撃か!?
2018-10-04---ワシントン・ポストは、サウジ記者の失踪めぐり“無言の抗議”「白紙のコラム」を掲載した。
2018-08-20---トルコの金融危機をカタールがUS$30億規模で支援!
2018-08-19---トルコリラの下落は、2018年03月ごろから始まった。
2018-07-31---ソフトバンクは、「データ経済圏」でGAFAに挑む!
2018-05-24---ホワイトハウスが、米朝首脳会談中止を発表!
2018-05-16---北朝鮮、南北閣僚級会談「中止」、米朝首脳会談「再考」
2018-04-17---米国のCIA長官、極秘に金正恩と面会!><
2018-03-13---米国大統領、Twitter書き込み、その後電話で国務長官に解任を連絡。
2018-01-27---サウジの「反腐敗」捜査で逮捕された大富豪の王子釈放。
2018-01-15---UAE、カタール軍戦闘機が民間機の「妨害」をしたと非難!
2017-11-18---サウジアラビア、性急な大変革!
2017-11-07---カタール航空、キャセイ航空の3位株主に!
2017-11-05---サウジアラビアがきな臭くなて来た。
2017-10-27---米国政府報告書、CIAの奇想天外なカストロ暗殺計画。
2017-10-19---米CIA長官、もし金正恩が突然死亡し、消えたら…
2017-09-26---サウジアラビア、女性の運転容認!
2017-07-06---カタール断交1か月。
2017-07-03---アラブで村八分になったカタール、断交問題で回答伝達。
2017-06-23---イエメンのコレラ大流行、発症例19万件超。8月末には30万件超も!
2017-06-23---アラブ諸国、断交カタールに13条件。アルジャジーラ閉鎖など要求!
2017-06-22---制裁解除のイランが買い付け、タイ米が3年ぶり高値!
2017-06-21---サウジ国王、世界で今、もっとも危険な男と言われる息子を新皇太子に指名。
2017-06-11---カタール「断交した中東諸国出身者の滞在を歓迎」
2017-06-11---カタール、イランから生鮮品空輸。両国の接近鮮明!
2017-06-07---アラブ諸国断交の余波で、中国人ツアー客が足止め!
2017-06-06---サウジアラビア、カタール航空の営業許可取り消し!
2017-06-06---カタール断交、タイの輸出に影響も!
2017-06-05---イエメンもカタールとの断交発表。中東諸国で5か国目!
2017-05-23---前CIA長官、「トランプ陣営とロシアは接触あった。」
2017-05-02---「脱石油」新産業を模索するサウジアラビアで、映画館解禁で議論。
2017-03-14---孫正義、サウジ国王と会談。
2017-03-09---サウジと組む孫社長「10兆円の財布」に穴。
2017-01-21---トランプ大統領、就任開け初日、CIA本部を訪問。
2016-10-19---サウジアラビア政府は、海外初の国債1兆〜1.5兆円規模を発行。
2016-10-14---世界で今、もっとも危険な男が、ソフトバンクと共同ファンド設立。
2016-09-03---世界で今、もっとも危険な男!?が、迎賓館で、小池知事とアラビア語で会談!
2016-04-28---サウジアラビアは、女性ドライバーの用意ができていない。
2016-01-16---アップルとGoogleを合併した規模の10倍の巨大会社が上場。
2016-01-08---世界で今、もっとも危険な男!?
2015-12-15---サウジアラビアはイスラム教の『反テロ』連立を形成。
2015-12-15---イスラムの名を汚すISと戦うために形成している34カ国の連立。
2015-07-18---サウジアラビアは、IS(Islamic State/イスラム国家)の数百人の容疑者メンバーを逮捕。
2015-07-01---サウジアラビアのプリンス、US$320億を慈善活動に寄贈。
2011-12-19---サウジの王子がTwitterの株を買った。
2009-10-24---サウジアラビアの女性ジャーナリスト、むち打ち60回の刑!
2006-03-07---イスラム教衛星チャンネル「Al-Resalah」の配信を開始した。