2019-07-25

タイのハビタット、日本企業とコンド2軒建設へ!

経済タイ開発

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年07月26日に、タイの不動産開発会社ハビタット・グループ(Habitat Group)は2019年07月25日に、総合不動産事業を手掛ける横浜市のリストグループ(List Group)と共同で首都バンコクに低層高級コンドミニアム(分譲マンション)2軒を建設すると発表した。

総事業費は28億バーツ(約98億円)。リストグループがタイで不動産開発を手掛けるのは初めてで、これを皮切りに、ハビタットや他の日系企業と協力し、同国で事業を拡大させていきたい考えだという。

両社は合弁会社を2社設立し、タイの富裕層や日本人をはじめとする外国人が多く暮らすトンロー地区に「ワルデン(Walden)」ブランドのコンドミニアムを2軒建設する。合弁会社には、ハビタット・グループが62%、リストグループが38%出資する。

「ワルデン・トンロー8」の事業費は15億バーツ。
8階建て、供給戸数117戸で、部屋は1ベッドルームと2ベッドルームの2タイプあり、1戸当たりの床面積は32.5~71平方メートル。販売価格は800万~1,400万バーツとしている。

「ワルデン・トンロー13」の事業費は13億バーツ。
同じく8階建て、供給戸数122戸で、部屋は1ベッドルームと2ベッドルームの2タイプあり、1戸当たりの床面積は35~60平方メートル。販売価格は750万~1,300万バーツとしている。

ハビタットの最高経営責任者(CEO)チャニン(Chanin Vanijwongse)によると、2軒とも9月に販売を開始し、来年初めに着工する予定。
ハビタットが建設を、リストがマーケティングと販売を担当する。投資目的の購入が6割、実需が4割と見込み、タイ国内のほか、香港、シンガポール、中国、日本などでも売り込みを図る。

リストグループのアジア統括会社リスト・ホールディングス・シンガポールの最高執行責任者(COO)山田泰史はタイを選んだ理由として、「特にバンコクは中長期にわたる成長が見込まれ、他の東南アジア諸国と比べて市場の透明性が高く、法制・税制の面でも安心感があるため」と説明した。「バンコクはアジアの他の都市に比べて不動産価格が低く、中間層や富裕層の増加に伴い質の高い不動産の需要が拡大していく」との見方を示した。

東南アジアでは、すでに誰がハズレを引くかという噂もあるが、常連組に混じって新規参入グループが減らない。

2019-06-25---不動産クリード、タイ企業と合弁で、高層コンド開発。
2019-06-17---阪急阪神不動産のコンド事業、タイで1万戸を突破した。
2019-04-26---タイのスパライ、過去最高級の複合施設を開発。
2019-04-24---タイでも始まった一戸建てプロジェクト。
2019-04-18---住友林業、タイのトンロー地区で高級コンドミニアムを販売。
2019-02-25---タイの首都バンコクで、伊藤忠、CP系マグノリアと分譲マンション開発。
2019-01-09---タイの港湾公団、クロントイをスマート地区に再開発。
2019-01-04---在タイ日本人向けの不動産仲介DL、海外の不動産管理を外注可能に!
2018-10-09---阪急阪神、タイで新たに2件の不動産開発。
2018-10-01---アジアの狂った果実「不動産」
2018-08-07---阪急阪神不動産、タイで5件目のコンドミニアム開発。
2018-07-16---タイのAPと三菱地所、コンド2件を新規開発。
2018-07-12---阪急阪神不動産、タイの首都バンコクで開発中コンドの詳細発表!
2018-05-23---タイの不動産オリジン、香港に販売事務所を開設。
2018-05-08---タイ、バンコクの川沿いの高級コンド、4年で価格8割上昇。
2018-01-08---タイの中堅不動産ラリン、今年は低層住宅を10件開発。
2017-11-28---マグノリアの高級コンドミニアム、売約率8割超!