2019-07-25

中国平安保険、シンガポールで医療用AIの提供を開始。

健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年07月25日に、中国平安保険(中国平安保险)傘下のピンアン・スマート・ヘルスケア(Ping An Smart Healthcare)が、シンガポールで医療向けのAI(Artificial Intelligence/人工知能)サービスの提供を開始する。公営医療グループのシングヘルス(SingHealth)などに提供し、共同研究も推進すると報告した。

AIを用いて医者の診断を支援するシステム「アスクボブ(Ask Bob)」を展開する。医者からの「糖尿病患者にグリメピリドを投与する場合の効果と副作用は?」といった質問に回答するほか、1,500種類以上の病気の診断や治療方針も提示する。

AIに医療関連の論文などの情報だけでなく、匿名化した患者の医療記録などのビッグデータを学習させ、平安保険が保有する医療関連のナレッジグラフ(検索エンジンの検索性を拡張する米グーグルの知識基盤)を活用しているのが特徴だ。医者が使いやすいように、先端自然言語処理技術も取り入れている。

ただし、怖いのは匿名化した患者の医療記録などが、解析されて、特定されることが懸念される。

シングヘルスとは4月から協業を開始し、2型糖尿病患者向けの診断・治療方針の決定に「アスクボブ」を活用している。

シンガポールNUH(National University Hospital/国立大学病院)を運営するNUHS(National University Health System/国立大学医療システム)とは、アスクボブによる論文解析や医療研究トレンドの分析などで共同研究を行っている。

もすぐ、お金のない人は医療が受けられなくなる。