2019-07-01

商業捕鯨31年ぶり再開で、釧路、下関から捕鯨船出航。

自然食品

毎日新聞は2019年07月01日に、日本の商業捕鯨が2019年07月01日に、31年ぶりに再開したと報告した。

2019年07月01日午前中に北海道の釧路港、山口県の下関港から捕鯨船が出航した。

水産庁は2019年07月01日に、12月末までの捕獲枠を計227頭に設定したと発表した。

捕鯨船は日本の領海やEEZ(Exclusive Economic Zone/排他的経済水域)の捕獲枠内で操業する。

釧路港では午前9時半ごろ、沿岸操業を行う小型捕鯨船5隻が出航した。

沿岸操業の拠点は青森県八戸市や和歌山県太地町など複数あり、各地の沿岸で操業する。

また、下関港からは午前10時ごろ、共同船舶(東京)が運航する全長130mの「日新丸(8145トン)」を母船とする3隻の船団がEEZ内の沖合でミンククジラやニタリクジラ、イワシクジラを捕獲するために、出航した。

WC(International Whaling Commission国際捕鯨委員会)は1982年、資源の枯渇が懸念されるとして商業捕鯨の一時停止を採択した。これを受け、日本は1988年に商業捕鯨から撤退。北西太平洋と南極海でクジラの生態などを調べる調査捕鯨に切り替え、年間600頭程度を捕獲してきた。

日本は2018年09月のIWC総会で、生息数回復などを理由に商業捕鯨の一部再開を提案したが、否決されたため、2019年06月30日にIWCを脱退し、商業捕鯨再開に踏み切った。

朝日新聞デジタルは2019年06月30日に、南極海や北西太平洋での調査捕鯨を担い続けた「日新丸」が、沖合操業船団の母船として2019年06月30日に山口県下関市に入港し、その内部が報道陣に公開されたと報告した。

「日新丸」は、1987年建造の大型底引き網船を改造し、1991年から調査捕鯨の運用を始めた。

商業捕鯨が再開される2019年07月01日は船員を中心に88人が乗船する予定だという。

2019-07-01---和歌山の太地町で、31年ぶりに商業捕鯨再開。
2017-03-31---ミンククジラ333頭捕獲し、調査捕鯨船が南極海から下関に帰港。
2017-01-15---シー・シェパード、調査捕鯨の写真公開。
1987-03-14---第3日新丸船団が、最後の南氷洋捕鯨から帰国することになった。