2019-06-24

フィリピンの海運チェルシー、福岡造船に貨客船1隻発注!

ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月26日に、フィリピンの海運・物流大手CLC(Chelsea Logistics Holdings Corp./チェルシー・ロジスティクス)は2019年06月24日に、福岡市の中堅造船会社の福岡造船(Fukuoka Shipbuilding Co. Ltd.)と貨客船の購入契約を締結したと発表したと報告した。

契約額は明らかにしていない。2021年06月に納入を受ける予定。

購入するのは、トラック等の車両が直接乗り入れることができる船全長123mのRORO船(Roll-on/roll-off ships)。

乗客定員は1,085人で、乗客が増え続けているビサヤ、ミンダナオ両地方の需要に応えられるという。

バスとトラックの積載台数は最大でそれぞれ24台、11台となる。

CLCのクリス・ダムイ(Chyrss Alfonsus V. Damuy)社長は「創業70年以上の歴史を持つ、福岡造船の技術は信頼に値する」とコメント。福岡造船との長期的な協力関係を築きたい考えを示した。

福岡造船の担当者は25日、NNAに対し、受注額については公表していないと説明。今後の受注見通しについてはコメントを控えた。