2019-06-24

SBIホールディングスの韓国子会社、「サイダーバンク」サービスを開始。

銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年06月26日に、SBIホールディングスの韓国子会社SBI貯蓄銀行(SBI savings bank)は2019年06月24日に、モバイル端末を通じてさまざまな金融サービスを提供する「サイダーバンク」サービスを開始したと報告した。

中小金融機関である「貯蓄銀行」がこのようなモバイル・プラットフォームを立ち上げるのはウェルカム貯蓄銀行(Welcome savings bank)に続き2例目となる。

「サイダーバンク」は、非対面サービスの口座開設や、送金、融資申請といったサービスが24時間利用できる。認証は指紋やiPhone(アイフォーン)の顔認識で行う。

送金や証明書発行などにかかる手数料は無料である。

ウェルカム貯蓄銀行は発売1年でモバイルプラットフォームのダウンロード数が55万件を突破した。

韓国の貯蓄銀行最大手のSBI貯蓄銀行も新サービスを軸に収益性を向上させる狙いがある。