2019-06-24

ウルグアイの裁判所は、沈没した軍艦から第2次世界大戦ナチス鷲販売を命じた。

戦争と平和人物

ArtDailyは2019年06月24日に、AFP(Agence France-Presse)からの情報として、ウルグアイの裁判所(A court in Uruguay)は、第2次世界大戦の最初の海軍の海鮮のうちの1つで戦ったドイツの戦艦からの青銅のナチのワシ(bronze Nazi eagle)が売られなければならないと裁定したと報告した。

収益の半分は政府に、残りの半分は2006年にモンテビデオ沖のプレート川(River Plate off Montevideo)で青銅のナチのワシを発見した回収チームに送られる、と判決は言った。

この50対50の分割は、2004年にサルベージャーがウルグアイ海軍(Uruguayan navy)と調印した協定に規定されている。

トレジャーハンターは政府がその取り決めに憤慨していると主張して、訴訟を起こした。

発見されて以来、小型戦艦Admiral Graf von Spee(グラーフ・フォン・シュペー)と呼ばれる船からのそれは、オークションで、高額を取得する可能性が高いと思われ、その彫刻は海軍倉庫に保管されていた。

羽が大きく開いてり、その爪にスワスティカ(swastika/逆さ卍/ハーケンクロイツ)を握りしめているワシが特徴で、彫刻は、ドイツ海軍の誇りであるGraf Speeの船尾を飾っていた。

2人のウルグアイの兄弟AlfredoとFelipe Etchegarayが率いる捜索隊が1997年にワシの捜索許可を申請した。

チームはこの判決を歓迎し、彫刻は90日以内に売却されなければならないと述べた。

「正義は行われている」とAlfredo EtchegarayはAFPに語った。

Graf Speeの船長ハンス・ラングスドルフ(Hans Langsdorff)は、1939年12月17日に、River Plateの戦いの後、戦艦を放棄した。

第三帝国最大の戦艦の一隻であったグGraf Speeを沈めようとしていた2隻のイギリス艦とニュージーランドの戦艦から、モンテビデオ港(Montevideo's harbor)の聖域で簡単に探し出された。

ラングスドルフは、港から出港したGraf Speeを放棄するように命じた。彼はイギリス海軍の大規模な戦艦が待ち受けていたことを納得させるように設計された呪いで公海に沈んだ。

その屈辱の数日後に、船長ハンス・ラングスドルフは自殺した。

ウルグアイのモンテ・ビデオ(Montevideo)の緯度、経度
34°53'39.65"S,56° 4'2.34"W
または、
-34.894347, -56.067317

1939-12-17---ドイツの小型戦艦グラーフ・フォン・シュペーが自沈した。

Related Dates