2019-05-23

ロックスター、政界のセレブ、元ファーストレディーのミシェル・オバマ回顧録1000万部突破。

人物

Forbes JAPANは2019年05月23日に、2018年11月に刊行されたバラク・オバマ元大統領(Barack Obama Former President)夫人ミシェル・オバマ(Michelle Obama)の回顧録「Becoming(ビカミング)」が、全世界で1000万部以上売れていると報告した。

イギリスのBBCによると、本書の版元「ペンギン・ランダムハウス(Penguin Random House)」の株式を75%保有するドイツのベルテルスマン(Bertelsmann)社は、オバマ元大統領の回顧録とセットで、2人に先払い原稿料US$6000万(約67億円)を支払ったという。
ベルテルスマン社チーフエグゼクティブトーマス・レイブ(Thomas Rabe/1965 - )は、「『Becoming』は出版史上もっとも売れた回顧録となると思う。」とコメントしている。

ミシェル・オバマの人気は本書刊行前からすでに不動で、Twitterのフォロワーは実に1220万。前任のファーストレディーであるローラ・ブッシュ(Laura Bush)のフォロワーは27万8000だったという。

2019年02月のグラミー賞授賞式のステージにはレディー・ガガ(Lady Gaga)とジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)と手をつないでサプライズで登場し、総立ちで歓声を送るオーディエンスに「音楽は、自分の物語を紡ぐのにいつも力を貸してくれました。」とスピーチした

ガーディアン(Guardian)紙によると、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)のスピーチライターを務めたリサ・マスカティーン(Lissa Muscatine)は、「彼女は今やロックスター。政界のセレブね」とコメントしたという。

しかし、私はこのような本を読む気がしないで、これ以上紹介するのはやめる。

日本版は集英社より刊行予定という。

彼女に表紙の写真は白すぎるし。眉毛はおかしい!