2019-05-09

Facebookがモバイルペイメントのタレントを探す!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2019年05月09日に、伝えられるところによれば、Facebookは新しいWhatsApp支払いサービスを開発することを選んで、イギリスとアイルランドでFacebookチームの大幅な拡大の準備をしているように見えたと報告した。

FT(Financial Times)によると、ソーシャルメディア大手は、ロンドンのソフトウェアエンジニアとロンドンのオペレーションスタッフを任命すると伝えられ、支払いプラットフォームの開発に市場での従業員数を4分の1増やすために、ロンドンとダブリンで約100人を雇用する予定だという。

FTは、WhatsAppは約400人の従業員を擁し、インド、ブラジル、インドネシア、メキシコを最も人気のある市場とした。

WhatsAppの人気が、国から多文化労働力を引き付けるので、Facebookはそれがイギリス内外で支払い製品を開発することを選んだと新聞に語った。

その拡張された従業員は、支払い機能と、スパムに焦点を当てたアプリの安全性に対する製品の構築を担当することになる。

WhatsAppのエンジニアがロンドンを訪問した2018年後半、Facebookは最初の採用を進めた。

先週、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は、2019年に複数の国で決済サービスを開始する計画を概説した。現在、インドのWhatsAppでモバイル決済を試行中である。

2019-05-01---FacebookがWhatsAppの支払いサービスを開始する!?
2019-03-07---Facebookの新戦略、中国のWeChatを徹底にパクり!?

Related Dates