2019-05-14

オーストラリアの2019年04月の企業景況感下落、雇用指数平均以下に。

経済オーストラリア

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月15日に、NAB(National Australia Bank/ナショナル・オーストラリア銀行)は2019年05月14日、オーストラリアの4月の企業景況感(buisiness conditions)指数が前月から4ポイント下落の3、企業信頼感(buisiness confidence)指数は前月(修正値)から1ポイント上昇の0となったと発表したと報告した。

景況感も信頼感も長期平均を下回り、主要指数はすべて前月比で横ばいか下落した。

特に雇用は2016年下期以来初めて長期平均を下回り、これまで堅調が続いていた雇用と設備投資の見通しに影を落としている。

NABは非農業部門の400社以上を対象として、2019年04月18日~30日に調査を実施した。

同指数は、ゼロポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回っており、ゼロポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。

景況感指数は現在の景況に対する満足度を示し、信頼感指数は向こう3カ月間の短期景況見通しを示している。

主要指数は、雇用が前月比7ポイント下落のマイナス1となったほか、
◆売上高:4ポイント下落の7
◆利益:4ポイント下落の1
◆輸出:1ポイント下落のマイナス1となった。

新規受注は横ばいのマイナス1、在庫は横ばいの1だった。

州別の景況感(トレンド値)は、TAS(Tasmania/タスマニア)州が26で首位となり、NSW(New South Wales/ニューサウスウェールズ)州とVIC(Victoriaビクトリア)州が7で続いた。
信頼感は、西オーストラリア(Western Australia)州が5で首位となった一方、NSW州、VIC州、TAS州はマイナス1となった。

産業別の景況感(トレンド値)では、好調が続いている資源は24と伸びた一方、全般的に下落し、小売りがマイナス10を超え全業種の中で最低だった。

NABのエコノミストは、「過去の実績と照らし合わせると、今回の雇用指数が示唆する就業者数の伸びは月1万4,000人と、昨年下半期からの伸びを下回る。失業率の回復は見込めないと予想するが、今後の雇用市場を注視していく」としている。

RBA(Reserve Bank of Australia/オーストラリア連邦準備銀行)は雇用市場の動向を重要視しているため、今週発表される賃金上昇率と失業率にアナリストらの注目が集まっている。

2019-05-10---米中貿易戦争再熱で、オーストラリア連銀利下げ要因増大。
2019-04-09---IMF、オーストラリア経済成長、他国の2倍で減速?
2019-03-26---オーストラリアの10年国債利回り、さらに低下、株式市場も暴落。
2019-03-05---オーストラリアの2018年第4四半期企業利益、資源46%増もGDPは不調か?
2019-02-27---オーストラリア、税改革なければ、生活水準は悪化!
2019-02-13---オーストラリアの2019年02月の消費者マインド。楽観に持ち直し!
2019-02-12---オーストラリアの2019年01月の企業景況感、大幅下落の前月から回復。
2019-01-30---オーストラリアの第4四半期CPI、0.5%上昇で市場予測上回る。
2019-01-08---オーストラリア、11月の貿易は、航空機の輸入増で黒字4%減!
2018-12-21---オーストラリアの11月の失業率悪化、就業者は増加の矛盾。
2018-12-05---オーストラリアの2018年第3四半期GDP、0.3%増と2年来の低水準!
2018-07-18---オーストラリアの大手銀行、「サムライ債」の発行拡大。
2018-07-11---オーストラリアの2018年07月の消費者マインド。2013年以降最高水準!
2018-06-12---オーストラリアの2018年05月の企業景況感と信頼感、高水準を維持。
2018-05-07---オーストラリアの2018年04月の企業景況感過去最高、信頼感も高水準。
2018-04-18---豪とNZ、経済成長率3%と、IMFが予測。
2018-02-20---ナショナル・オーストラリア銀行、まず1000人の人員削減。