2019-05-14

インドネシアのバンドン高速鉄道、最初のトンネルが貫通。

ロジスティクス観光インドネシア

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年05月15日に、インドネシア西ジャワ(Java)州のリドワン・カミル(Ridwan Kamil)知事は2019年05月14日に、首都ジャカルタ(Jakarta)と同州バンドン(Bandung)を結ぶ中国が建設している総延長142.3キkmのHSR(High Speed Railway/高速鉄道事業)で最初のトンネルが貫通したと発表した。

[AD] You can advertise on this site.

同事業では計13カ所のトンネルが建設されると、国営アンタラ通信Antara(news agency)が2019年05月14日伝えた。

開通したのは西バンドン県のワリニトンネル(Walini tunnel)。
延長は608m、内径が12.6mで外径が14.3m。

2017年後半に着工し、2018年07月に掘削を開始した。リドワン知事は、高速鉄道が開通して首都圏への通勤が容易になれば、西ジャワ州に住む約5,000万人の就労機会拡大にもつながると説明した。

「計画通り21年に開通できることを期待している」と述べた。

リニ・セマルノ国営企業相(Indonesia State-owned Enterprises Minister Rini Soemarno)は、マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶHSR(高速鉄道)事業が進んでいることに触れ、「バンドン高速鉄道を2020年末までに完成させて、東南アジア初の高速鉄道を目指す」と話した。

西バンドン県のワリニ(Walini)の緯度、経度
6°58'33.0"S 107°45'38.4"E
または、
-6.975836, 107.760669

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE