2019-04-08

カンボジアの交通事故死50%減の目標、2020年達成は困難。

犯罪と裁判

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年04月10日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年04月08日に、サル・ケン(Samdech Sar Kheng)内相は2019年04月08日に、2020年半ばまでに交通事故による年間死者数を2010年比50%減の1,600人にする国家目標を達成できない可能性があるとの見解を示したと報告した。

サル・ケン内相はNRSC(National Road Safety Commission/国家道路安全委員会)委員長を兼務しており、北西部バッタンバン(Battambang)州で行った演説で、「今年は前年を上回るペースで死亡事故が起きている」と懸念を表明した。

NRSCによれば、2018年の死者数は1,761人と1日平均5人だったが、2019年は03月までで1日平均7人に増えているという。

2011~2020年に交通事故による死者を半減するという目標は、2010年に国連で採択され、NRSCは2011年05月、国連目標に準拠して、2010年に3,200人だった死者数を2020年に1,600人にする目標を設定した。

ただカンボジアでは、当局の道路交通関連法の執行能力が低いことや、道路インフラが未整備なこと、市民の交通関連法への理解不足が目標達成の足かせになっている。

このような国の運転免許証の保有者でも、日本でレンタカーを借りて運転できる。

さらに、事故を起こして、その治療費が払えるのだろか??

2019-04-10---インバウンド暴走族の恐怖!
2018-10-16---タイのGrab、交通事故防止向け投資倍増。
2018-07-31---運転免許の採点自動化、マレーシアで2019年にも導入!?
2018-07-10---カンボジア2018年01〜03月の保険収入29%増。