2019-04-09

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の肖像で、紙幣刷新準備に入った!?

人物

毎日新聞は2019年04月09日に、政府関係者が2019年04月09日未明、明らかにした情報として、政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。
5000円札の肖像は2004年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、1000円札の肖像は2004年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。

1万円札は第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家、渋沢栄一。
5000円札は津田塾大学の創始者、津田梅子。
1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画を使用することを検討していると伝えている。

帝都伝説、日本の資本主義の父の渋沢栄一が紙幣の肖像画になる。

悪い意味、良い意味もある「帝都伝説」の復活をどうコントロールするかは、通貨行政を担当している財務省が担当し、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて財務相が決める。

麻生太郎財務大臣は2019年04月09日に、新しい日本銀行券及び500円貨幣を発行すると報告した。
また、日本銀行券一万円、五千円及び千円について、偽造抵抗力強化等の観点から、現行の「すき入れ」に加えて、新たに高精細なすき入れ模様を導入し、一万円券及び五千円券にはストライプタイプのホログラムを新たに導入、千円券にはパッチタイプのホログラムを新たに導入すると報告した。
銀行券への採用は世界初となる肖像の3D画像が回転する最先端のホログラム。

また、記番号について、現行の最大9桁から10桁への変更を予定している。

さらに、ユニバーサルデザインを採用し、
指の感触により識別できるマークの形状変更及び券種毎の配置変更
額面数字の大型化(表・裏)
「ホログラム」及び「すき入れ」位置を券種毎に変更などを予定している。

(3)図柄
券種の表(肖像)と裏は
新一万円券 渋沢栄一 東京駅(丸の内駅舎)
新五千円券 津田梅子 フジ(藤)
新 千円券 北里柴三郎 富嶽三十六景 ※2
※2 富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」(葛飾北斎)

(4)寸法
縦、横ともに現行券と同じ寸法です。
券 種 寸  法
新一万円券 縦: 76mm 横:160mm
新五千円券 縦: 76mm 横:156mm
新 千円券 縦: 76mm 横:150mm

2.発行時期
2024年度上期を目途。

新しい五百円貨幣は、現行の五百円貨幣について、偽造抵抗力強化の観点から、次の要領で素材等を変更して製造することとし、所要の準備に着手した。

素材に新規技術であるバイカラー・クラッド(二色三層構造)を導入
貨幣の縁に、新たに「異形(いけい)斜めギザ」を導入 ※1
貨幣の縁の内側に、新たに微細文字を加工

※1 斜めギザの一部を他のギザとは異なる形状にしたもので、通常貨幣(大量生産型貨幣)への採用は世界初。

(2)素材等
新しい五百円貨幣
素材
ニッケル黄銅、白銅及び銅
(バイカラー・クラッド)※2 ニッケル黄銅

品位
千分中銅750、亜鉛125、ニッケル125
量目
7.1g

異形斜めギザ
直径 26.5mm

2.発行時期
2021年度上期を目途。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.