2019-03-02

北朝鮮に配慮し、米韓、春の大規模軍事演習打ち切り!

戦争と平和

日本経済新聞 電子版は2019年03月03日に、米韓両政府は2019年03月02日に、毎年春に実施している2つの大規模な合同軍事演習(Joint Military Drills)の打ち切りを決めたと発表したと報告した。

今後は規模を縮小した新たな訓練に衣替えする。

[AD] You can advertise on this site.

ベトナムでの米朝首脳会談は非核化の合意に至らなかったものの、北朝鮮に一定の配慮をすることで完全な非核化に向けた協議を継続させる余地を残した。

ただし、北朝鮮は核開発を本当に中止するのか?
金正日の時も、言葉とは裏腹に、核開発は継続されていた。

米国防総省は打ち切りの理由について「緊張を緩和し、朝鮮半島の完全な非核化を実現する外交努力を後押しするため」と説明した。

米国のドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)は2019年03月02日に、ワシントン近郊での演説で「北朝鮮は(米国と)合意できれば素晴らしい経済発展ができる。もし核兵器にこだわれば経済的な未来はない」と表明した。完全非核化を求める方針を重ねて強調した。

トランプ大統領はTwitterで、「(軍事演習に費やす)巨額のお金を節約するためだ」と説明した。
「費用は米国に返済されない」として同盟国防衛のための軍事費負担が過大だとの見方を示す一方、「現時点で北朝鮮との緊張緩和は良いことだ」とも指摘した。

打ち切りを決めたのは、毎年02~04月ごろに実施している実際に戦力を動かす野外機動訓練「フォール・イーグル(Fall Eagle)」と、シミュレーション中心の指揮所演習「キー・リゾルブ(Key Resolve)」になる。

パトリック・シャナハン(Patrick Michael Shanahan)米国防長官代行と韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相が2019年03月02日に電話協議し、2つの演習を終了させることで合意したと伝えている。

韓国軍合同参謀本部と米韓連合軍司令部は2019年03月03日に、「キー・リゾルブ」に代わる新たな演習を2019年03月04日から12日まで実施すると発表した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.