AD SPACE

2019-02-18

厚労省も、慶大のiPS細胞で脊髄損傷治療計画了承。

美容と医学の科学研究調査開発

日本経済新聞 電子版は2019年02月18日に、厚生労働省の専門部会は2019年02月18日に、iPS細胞を使い脊髄損傷の治療を目指す慶応義塾大学の臨床研究計画を了承したと発表したと報告した。

これで、面倒な手続きは、全て完了し、スタートラインに立ったことになる。

[AD] You can advertise on this site.

iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を患者に移植し、機能改善につなげる世界初の臨床研究となる。

2019年夏にも始まる見通しで、目や心臓、脳の神経、血小板に続き、実際に患者に移植する再生医療の研究が広がっていると、日本経済新聞 電子版は伝えている。

初期段階の計画では脊髄の損傷から2~4週間が経過し、運動などの感覚が完全にまひした18歳以上の患者4人が対象となり、京都大学iPS細胞研究所が備蓄する他人のiPS細胞から神経のもとになる細胞を作り、患者1人あたり200万個を損傷部に注射して移植する。

臨床研究は、慶応義塾大学の岡野栄之教授と中村雅也教授らのチームが実施する。

移植から1年かけて安全性や効果を確かめる。
移植とともにリハビリもして、手足などの運動機能の改善を目指す。

他人の細胞を移植するので拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤を使う。

脊髄損傷は怪我や事故などで脊髄が傷つき、体を動かす神経に脳からの命令を伝えることができなくなり、手足のまひなどが起こる。

国内患者は毎年約5000人が新たになっており、のべ10万人以上といわれる。事故で若いうちから車いす生活となる場合も多い。損傷部位を完全に修復する治療法は、現在のところ、何件かは報告しているが、成功例は非常に稀で、ほとんどないのが現実である。

今回の計画は、iPS細胞を使う再生医療の中で「本丸」とも位置付けられるもので、脊髄は神経の状態を再現する実験が難しくて研究しにくいことから、脳と並んで創薬が進みにくい。

iPS細胞の登場で、神経細胞を補う再生医療なら、運動機能を改善できるのではないかと期待を集めている。

岡野教授らのサルに移植する実験では、歩けるように回復させることに成功している。

岡野教授と中村教授は、慶応義塾大学発ベンチャー、ケイファーマ(東京・港)を2016年に設立。

今回の臨床研究で安全性などが確認できれば、効果をより詳細に調べるための臨床試験(治験)の実施など実用化に向けた次の段階に進みたい考えである。一般的な治療としての普及を目指す。

特に、戦場などで、脊椎損傷し、歩けなくなった兵士を支援したいという声は、国家問題として、米国、イギリス、フランスなど自国の兵士を派兵している国からの要望も高く、切実な問題になっている。

私は昔、ベトナムから送られてくる兵士を受け入れていたドイツのヴィースバーデンにある陸軍病院を何度か訪れたが、脊椎損傷の負傷兵の多さに驚いたことがある。

その兵士達は、全て名誉の負傷であり、第1次世界大戦に従軍した将兵の組織が最初で,その後第2次世界大戦,朝鮮戦争,ベトナム戦争の復員兵士などが組織した世界最大の民間団体である米国退役軍人協会がある。
そのバックには、VA(United States Department of Veterans Affairs/アメリカ合衆国退役軍人省)があり、国家予算で最大限の敬意を払って全面支援している。

これに似た組織は、世界各国に先進国にあり、きっと、慶応義塾大学の岡野栄之教授と中村雅也教授らのチームが実施する臨床研究の情報は、すでに注目されていることだろう。

もし成功すれば、世界中から、日本に研究員が派遣され、彼らが持ち帰った技術が、さらに新しい段階として公表されることだろう。

その段階までは苦しいかもしれないが、飛躍的な研究成果に期待したい。
そして、実現されることだろう。

実は、私の息子が事故で脊椎損傷し、首から下が動かなくなった時に、米国退役軍人協会に電子メールで支援要請をした時、すぐに脊椎損傷者専用キーボードの手配をして、通常価格の10分の1くらいの価格で入手した経験がある。

iPS細胞を使う再生医療は臨床応用を目指す計画が相次いでいる。移植第1号は、理化学研究所などが2014年に目の難病患者を対象に実施した。2018年には、パーキンソン病患者の脳に神経細胞を移植する京都大学の治験で患者に移植した。

さらに、重症の心不全を対象にした大阪大学の臨床研究や京都大の血小板を輸血する臨床研究が国に認められた。

2018-12-05---酔って階段転落、衝突し女性に後遺症で、9,000万円支払い義務。
2018-11-28---iPSで脊髄損傷治療へ、慶大が臨床研究を承認した。
2018-11-14---最先端医療の一翼、遺伝子治療薬が、2019年にも日本に上陸!?
2017-03-29---神経回路の回復ができない場合、脳に埋めた電極信号の活用に成功。
2017-02-10---いよいよiPSで脊髄損傷を治療!2018年前半にも臨床研究。
2015-09-24---脊髄損傷の分野で、また新しい技術により、再び自身の足で歩き始めた。
2015-07-01---さて、脊椎損傷にどれがベストか!?
2014-10-21---世界で始めて脊椎損傷で麻痺した人は、細胞移植の後に再び歩き出した。
2014-04-08---下半身不随患者の電極移植術が向上!
2013-08-05---世界初の長屋宏和の頚椎損傷神経再生医療実験Time Line(年表)。最新改訂版!
2013-07-03---骨髄移植は「HIV薬からHIV患者を解放した。」
2013-06-26---脊椎損傷のネズミで、神経細胞は「再成長した。」
2012-03-17---車椅子からの新たな挑戦!
2006-02-11---脊椎損傷の治療最前線!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE