2019-02-15

ベトナム人男性がパイロンを36時間を占拠した後、降りてきた。

麻薬とメディア

ベトナムの経済新聞ベトナム・エコノミック・タイムズ(Vn Economic Times/トイバオキンテー/Thoi bao Kinh te Viet Nam)は2019年02月17日に、ベトナム北部出身の男性が、36時間以上送電塔に滞在した後、2019年02月16日土曜日に、説得されて降りた来たと報告した。

2019年02月15日金曜日の早朝、ハイフォン市(Hai Phong City)郊外の住民が、220kVの送電線を支える塔の上に立っている男を見ていると報じた、とグエン・ヴァン・ヒエン(Nguyen Van Hien)という地方自治体の指導者はトイバオキンテー(Youth)新聞に最初に語った。

彼は理解できないランダムなフレーズを話していて、薬物の影響下にあると考えられていた、とグエン・ヴァン・ヒエンは言った。

現場に派遣された警察と救助隊員は、42歳のトリン・ヴァン・ナム(Trinh Van Nham)と確認された男を繰り返し降りるよう説得したが、努力は無駄に終わった。

一方、送電線が都心部や近隣のタイビン(Thai Binh)省に電力を供給しているため、送電を止めることは不可能だったとグエン・ヴァン・ヒエンは説明する。

金曜日の夜、高さ30mのパイロンのある田んぼで、「私たちは24時間体制で彼をじっと見ていましたが、彼は辛抱強く、そこに思いとどまらせた。

「彼は1〜2回降りようとしたが、ただ登って戻った。」

土曜日の午後4時30分ごろ、彼が家族からの食べ物を取るために降りてきたとき、その男が鎮圧されたと、国内の報道機関によって報道された。

その男は離婚し、麻薬中毒者であるという経歴を持ち、昨年リハビリセンターから帰ったことが知られていた。

1999-07-23---羽田発千歳行きの全日空061便ジャンボ機が、ハイジャックされた。
1978-03-26---過激派が管制室を占拠し、機器を破壊した。
1975-08-04---日本赤軍がクアラルンプールの米国大使館などを占拠。
1974-09-13---日本赤軍がオランダ・ハーグのフランス大使館を占拠。
1970-04-26---大阪万博会場のシンボル「太陽の塔」で、アジ演説をした。
1968-05-07---カルチェ・ラタンのデモ隊が凱旋門を占拠した。
1930-11-16---田辺潔が争議応援で、高さ40mの工場煙突にのぼって居座った。