2019-02-15

珈琲と健康。

健康食品

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年02月15日に、6世紀前に発見された人生のエリクサーとしてのコーヒーは、今世紀、すべての醸造所のチャンピオンに成長した。

それはなぜですか?

コーヒーは健康に有益か?
この「世紀の醸造」について科学が言うべきことを探ってみたという。

ちょうど中国の新年を祝ったときであったので、病気に関するトピックを飛ばして、お祭り気分にふさわしいものに焦点を合わせるべきだと考えたという。

一瞬のうちに、COFFEEという言葉が、競合他社なしで、頭の中で点滅し始めた。

それはスターバックス(Starbucks)、コーヒー豆(Coffee Bean)、カフェアマゾン(Cafe Amazon)、ブラウンコーヒー(Brown Coffee)などの画像であふれていた。

なぜ、チョコレート、ストロベリー、その他ではないのか?

その秘密は私達の心にとても粘り強くそれ自身を接着し、そして私達を圧倒するその物質にある。

それが私たちの心の中で多幸感、または「すごい要因」を作成し、私たちの記憶に残っているものは何でも実際に中毒性がある。

私達はその「恋に落ち」、そして時々、その中の魔法の物質を切望し続けることに私達を狂わせることを許し、そして決してこれまで尋ねられなかった。

カフェインはその魔法の実体の名前である。

コーヒーは健康にいいですか?

この問題は、コーヒーショップだけでなく、醸造所から提供されているあらゆる場所でよく見受けられる。

これに答えるために、ハーバード大学医学部のサンジバ・チョプラ(Sanjiv Chopra)博士は、最近の証拠によると、「危険ではなく、心臓病から、2糖尿病、肝硬変、パーキンソン病、虫歯、大腸がん、前立腺がん、さらには自殺の保護を含む実質的な利益をもたらす可能性がある。喘息を軽減し、持久力と集中力を高めることが知られています。それはまた他の薬の吸収を高めます。そして従来の知恵とは反対に、不整脈(異常な心拍)のために入院する危険性を低くするようです。」と、述べている。

コーヒーは私達を除いて、私達の心を行使する。

カフェインは心臓刺激薬です。それは心臓 - 血管系内を流れる血液の量を増やすために、より速く。そしてより強くポンプするように私たちの心臓を刺激する。

従って、それは私達が物理的に運動するための努力をすることなしに、私達の心臓の筋肉を運動させる。したがって、コーヒーは一般的に心臓血管系に適している。

カフェインは血圧を短期間に劇的な上昇を引き起こすかもしれない。

カフェイン入りコーヒーを定期的に飲んでいる人の血圧への影響は人によって異なる。
これらの人々の中には平均血圧が高い人もいる。他の人はカフェインに対する耐性を開発する。

したがって、血圧に対するカフェインの効果は短命になる。

一時的なカフェインが自分の血圧に与える影響を心配している人は、1日にコーヒーを2杯、または半リットル(または200ミリグラム)を摂取するようにする。

ウェイトリフティング、激しい肉体労働、ポンプ運動などのような血圧を上昇させることで知られている活動の前に、コーヒーを避けることが高血圧の人にはお勧めする。

ニュージャージー州ラトガース大学の科学者たち(Scientists at Rutgers University, New Jerseyは最近、コーヒー豆のワックス状コーティングに含まれるEHT(Eicosanoyl-5-hydroxytryptamide)と呼ばれる脂肪酸を発見した。

現在、治療が難しいと言われる2つの非常に恐れられている進行性の退行性変性疾患を患っている人は、単にコーヒーを飲むことによってある程度予防可能かもしれない。

この発見は最近、国立科学アカデミーの議事録(the Proceedings of the National Academy of Sciences)に掲載された。

癌に関しては、American Cancer Societyの研究者であるスーザン・ギャプスター(Susan Gapstur/PhD)とマルジョリー・マクローグ(Marjorie McCullough/ScD)がインタビューでいくつかの洞察を提供している。

彼らによると、コーヒーを飲むことがすべての死因の危険性の低さと関連していることを多くの研究が示している。

ただし、全体的な癌や特定の種類の癌との関連は不明でである。

彼らはまた、コーヒーを飲むことで女性の乳癌、膵臓癌、および前立腺癌の原因ではないことを発見したが、子宮内膜(子宮)および肝臓癌のリスクを減らす可能性があった。

最近の研究は、コーヒーが頭頸部癌、結腸直腸癌、乳癌、および肝臓癌を含むいくつかの種類の癌のリスクを下げる可能性があることを示している。

カフェイン(caffeine)、フラボノイド(flavonoids)、リグナン(lignans)、および他のポリフェノール(polyphenols)を含む何百もの生理活性化合物が焙煎コーヒーに含まれている。

これらと他のコーヒー化合物は、他の活性の中でも、エネルギー消費を増大させ、細胞損傷を阻害し、DNA修復に関与する遺伝子を調節し、抗炎症特性を有し、また癌細胞の拡大の要因である転移を阻害する。

これらすべてのプロセスは、癌発症のリスクを下げる傾向がある。

また、コーヒーの摂取は、インスリン抵抗性や2型糖尿病のリスクが低いことと関連しており、これらは結腸直腸癌、肝臓癌、乳癌、子宮内膜癌の発生率や死亡率の高いリスクと関連している。

毎日消費するコーヒーの量は常に人気のある質問となっている。

ある情報源は、4杯のコーヒーがほとんどの健康な成人にとって安全であると示唆している。

カフェイン含有量に関しては、10缶のコーラまたは2つの「エネルギーショット」に相当する。 平均8オンスのコーヒーには約100ミリグラムのカフェインが含まれていると考えられている。

コーヒーを飲むことの恩恵に関して注意を喚起すると、 コーヒーは一般的に健康に良いかもしれないが、それは一般的に提供されているように、その中の砂糖の量は、その方程式をひっくり返すかもしれない。

健康状態に関する限り、この豊富な時代には、筋金入りの貧しい人々を除いて、砂糖の摂取は不要である。

一般的に、私たちのほとんどはすでに、過剰に摂取する傾向がある大量の安価なデンプンからのエネルギーを多く含んだ炭水化物をすでに持っている。

したがって、私たちは本当に健康に有害な砂糖を必要としない。
したがって、2-in-1またはおそらく普通のブラックコーヒーを混ぜずに使用する必要がある。

これは健康的な思いやりのあるコーヒーで、市販の牛乳を必要tpしない。

PRISTINE BLACK COFFEEはまだ最高である。

結局のところ、コーヒーの本当のいいところは、元のブラックコーヒー豆からのカフェインである。

ただし、多くの研究者は、研究予算を必要とする。
そのために、スポンサーを探すが、そのスポンサーは、自分に不利なことを避けようとする。

また、100%の人に効く薬はありません。
しかし、100%の人に効かない薬はあります。

Dr. Victor Ti, MD, MFAM (Malaysia), FRACGP (Australia), Dip P Dermatology (UK), Dip STDs/AIDS (Thailand), Dip. AARAM (USA), LCP of Aesthetic Med. (Malaysia) is an experienced specialist generalist (Family Physician) of BH Clinic, Phnom Penh. As a specialist generalist, he is skillful at diagnosing all general diseases and excluding the sinister ones. Apart from the general diseases, Dr. Victor is also known for his skill in skin diseases, sexually transmitted diseases, minor surgery and aesthetic medicine. He can be contacted via messenger m.me/bhclinic1 or Tel: 023900446