on-the-time.jp

2019-02-11

韓国の液晶テレビシェア、中国に抜かれ2位。

経済韓国中国日本

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、市場調査会社のIHSマークイット(IHS Markit,)によると、2018年01〜09月期の世界の液晶テレビ市場で、韓国は中国に初めて抜かれ2位に落ちた。LCDパネルに続いてテレビでも、中国に一位の座を明け渡した。

[AD] You can advertise on this site.

同期間の世界のLCDテレビ出荷台数は1億5,216万5,000台で、中国は4,856万1,000台で31.9%を占めた。
次は、韓国が4,658万4,000台で30.6%、日本が2,218万9,000台で14.6%。

2017年は韓国のシェアが32.4%で中国の27.2%に大きな差をつけていたが、2018年は逆転を許した。

特に2018年07〜09月期は中国のシェアが34.7%まで上昇し、勢いを見せつけた。

LCDパネルは2017年から中国がトップとなっていた。

韓国は高級製品に注力し、巻き返しを図る方針で、LG電子は有機ELテレビ市場で存在感を見せる。販売台数は2016年の66万6,400台から2018年01〜09月期には104万5,000台に伸びた。

サムスン電子は8K(超高精細映像)QLEDテレビで勝負をかける。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.