on-the-time.jp

2019年02月11日

韓国の液晶テレビシェア、中国に抜かれ2位。

経済韓国中国日本

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、市場調査会社のIHSマークイット(IHS Markit,)によると、2018年01〜09月期の世界の液晶テレビ市場で、韓国は中国に初めて抜かれ2位に落ちた。LCDパネルに続いてテレビでも、中国に一位の座を明け渡した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

同期間の世界のLCDテレビ出荷台数は1億5,216万5,000台で、中国は4,856万1,000台で31.9%を占めた。
次は、韓国が4,658万4,000台で30.6%、日本が2,218万9,000台で14.6%。

2017年は韓国のシェアが32.4%で中国の27.2%に大きな差をつけていたが、2018年は逆転を許した。

特に2018年07〜09月期は中国のシェアが34.7%まで上昇し、勢いを見せつけた。

LCDパネルは2017年から中国がトップとなっていた。

韓国は高級製品に注力し、巻き返しを図る方針で、LG電子は有機ELテレビ市場で存在感を見せる。販売台数は2016年の66万6,400台から2018年01〜09月期には104万5,000台に伸びた。

サムスン電子は8K(超高精細映像)QLEDテレビで勝負をかける。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。