AD SPACE

2019-01-27

米国とタリバーンは17年間のアフガニスタン紛争を終結させることで合意。

戦争と平和宗教アフガニスタンカタールパキスタン米国インド中国

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年01月29日に、米国とタリバン(Taliban)の交渉担当者は、17年間のアフガニスタン戦争を終結させることに合意したと報告した。

情報筋からの情報を引用したカタールの「アルジャジーラ(Al Jazeera)」のニュースチャンネルは2019年01月27日に、この合意にはタリバンの戦闘員がアフガニスタンの土地を経由してパキスタンを標的にすることは許されないことが含まれていると報じられた。

6日間の議論の末、米国の平和大使のザルマイ・カーリルザード(Zalmay Khalilzad)は、アフガニスタンのモハマド・アシュラフ・ガニ大統領(Afghan President, Mohammad Ashraf Ghani)に会談の結果について説明するよう求めた。

[AD] You can advertise on this site.

情報筋からの情報を引用したカタールの「アルジャジーラ(Al Jazeera)」のニュースチャンネルは2019年01月27日に、この合意にはタリバンの戦闘員がアフガニスタンの土地を経由してパキスタンを標的にすることは許されないことが含まれていると報じられた。

6日間の議論の末、米国の平和大使のザルマイ・カーリルザード(Zalmay Khalilzad)は、アフガニスタンのモハマド・アシュラフ・ガニ大統領(Afghan President, Mohammad Ashraf Ghani)に会談の結果について説明するよう求めた。

カタール(Qatar)でのザルマイ・カーリルザードとの6日間の会談の終わりに、タリバンの情報源から出された草案の詳細は、軍隊が合意に署名してから18か月以内に解散すると明記していた。

タリバン側の情報筋によると、この草案のその他の条項には、捕虜の交換と釈放、ワシントンによるタリバン指導者の国際旅行禁止の解除、停戦後の暫定アフガニスタン政府の見通しなどが含まれる。

タリバンの資料に記載されているドラフトが双方にとって受け入れられるものであるかどうか、あるいはいつ完成され、署名されるかは明らかではなかった。

情報筋によると、ワシントンの重要な初期の要求であった。
強硬なアルカイダ(al-Qaeda)とIS(Islamic State militants/イスラム国家の過激派)によるイスラム・グループは、アフガニスタンでアメリカ合衆国とその同盟国を攻撃するために使用されることは許可されないとの保証を与えた。

彼らは契約に停戦条項が含まれていると述べたが、彼らはまだタイムラインを確認しておらず、停戦が実行された後にアフガニスタンの代表者との会談を開くだけであろうと述べた。

またタリバン関係者は、アフガニスタンの近隣諸国、特にパキスタン、インド、中国との関係について、より広い意味を持つというドラフトの規定を確認した。

パキスタン南西部の資源に恵まれたバロチスタン(Balochistan)からの分離過激派(separatist militants)が、パキスタンを標的とするためにアフガニスタンの土壌を使用することは許されないという条項が契約に含まれいていると彼らは述べた。

共同声明は発表されなかったが、ザルマイ・カーリルザードはカタールでの会議は過去の会議よりも生産性が高いとツイートした。

発表されたタリバン声明では、軍の撤退その他の問題についても進展が見られたが、後日さらなる交渉と内部協議が必要であると述べた。

タリバンの関係者によると、2019年02月には、さらにカタールの首都ドーハ(Qatari capital Doha)で、草案に関するさらなる協議が予定されている。

まだまだ、先に解決することも多いが、ターニングポイントに向かいつつある。

過去のニュースを見ると、カタールが大きな役割を担っている。

ソフトバンクの孫正義には、サウジアラビアだが、私のところには、カタールからの投資話が来ている。難しい!

2018-12-27---世界で今、最も危険な皇太子中心のサウジ内閣改造!
2018-12-04---カショギ殺害 側近に11件の「電子メッセージ」で、サウジ皇太子疑惑確信へ!
2018-12-03---強気のカタールは、2019年01月にOPEC脱退へ !
2018-11-02---トルコ大統領、「サウジ最高レベルが殺害命令」
2018-10-25---フリージャーナリスト安田純平。なぜ突然解放?
2018-10-23---シリアで3年間行方不明であった安田純平、解放か!?
2018-10-15---行方不明のサウジ記者は、サウジ領事館で殺害された!?
2018-10-04---ワシントン・ポストは、サウジ記者の失踪めぐり“無言の抗議”「白紙のコラム」を掲載した。
2018-08-20---トルコの金融危機をカタールがUS$30億規模で支援!
2018-08-19---トルコリラの下落は、2018年03月ごろから始まった。
2018-01-15---UAE、カタール軍戦闘機が民間機の「妨害」をしたと非難!
2017-11-18---サウジアラビア、性急な大変革!
2017-11-07---カタール航空、キャセイ航空の3位株主に!
2017-11-05---サウジアラビアがきな臭くなて来た。
2017-07-06---カタール断交1か月。
2017-07-03---アラブで村八分になったカタール、断交問題で回答伝達。
2017-06-23---アラブ諸国、断交カタールに13条件。アルジャジーラ閉鎖など要求!
2017-06-23---イエメンのコレラ大流行、発症例19万件超。8月末には30万件超も!
2017-06-22---制裁解除のイランが買い付け、タイ米が3年ぶり高値!
2017-06-11---カタール、イランから生鮮品空輸。両国の接近鮮明!
2017-06-11---カタール「断交した中東諸国出身者の滞在を歓迎」
2017-06-07---アラブ諸国断交の余波で、中国人ツアー客が足止め!
2017-06-06---サウジアラビア、カタール航空の営業許可取り消し!
2017-06-06---カタール断交、タイの輸出に影響も!
2017-06-05---イエメンもカタールとの断交発表。中東諸国で5か国目

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.