2019-01-15

日本のmコマースは、安全保障上の懸念により妨げられた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2019年01月15日に、Worldpayによると、セキュリティ上の懸念から、日本でのモバイル・コマースの進展は抑制され、大多数の消費者はアプリに財務情報の保存を許可することに懐疑的だと伝えていると報告した。

Worldpayの日本グローバル企業向け電子商取引担当副社長Hideya Komoriはステートメントの中で、知名度の高いセキュリティ侵害がモバイル商取引の進展を妨げていたことを指摘した。

その結果、消費者は自分の携帯電話であらゆる種類の取引を行うことに慎重になっているとWorldpay幹部は、付け加えた。 しかし、Worldpayは業界はまだ成長を続けていると述べた。

「m-コマースは世界中でキングですが、日本で完全に離陸するまでにはまだ長い道のりがあります。」とHideya Komoriは言った。

コメントは、2018年11月08日に発行された、世界の取引方法に対する態度に関するWorldpayの調査2018 Global Payments Reportで発表されたデータに基づいている。

支払いを迅速化するためのバイオメトリックデータの使用を支持しているのは、たった32%の日本の消費者であり、支払いの詳細を保存するアプリに満足しているのはたった37%であった。

このような認識の問題にもかかわらず、Worldpayはスマートフォンで行われた取引が2022年までにその国の全インターネットベースの売上高の4分の1を占めると予想している。

2018年10月に同社のPayPayモバイル決済アプリを発表した際、Softbankが主導したコラボレーションからの報告には、本報告書で明らかになった態度は一致している。

ただし、このレポートは、「PayPay」の事故以前であり、その後さらに信用をなくしている。

さらに、電車の中で「PayPay」の事故問題と、孫正義について話していたら、隣にいた女性が睨んでいた。
多分、ソフトバンクの関係者か、秘書かもしれないが、あの態度は、さらに信用をなくす。

追いかけて、蹴飛ばして、正体を暴いてやろうかと思ったが、犯罪者になるので止めた。

また、2019年01月15日に、2018年12月18日の事故以前の情報で、コメントをするのは、詐欺行為であり、さらに信用をなくす。

2018-12-27---モバイル・マネー「PayPay」で起こった不正利用、全額補償。
2018-12-18---「PayPay」で、クレジットカード不正利用多発。
2018-03-16---アリババ、情報流出に懸念の声で、日本版スマホ決済延期。