2019-01-14

JCB、サコム銀行とベトナム初の「QR決済」を導入。

モバイル・マネー銀行ベトナム

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月15日に、JCBの海外事業子会社JCBI(JCB International/JCBインターナショナル)は2019年01月14日に、ベトナム民間商銀大手のサコム銀行(Sacombank/Ngân hàng Sài Gòn Thương Tín/銀行柴棍商信)と提携し、QRコード決済サービスを開始した。JCBがベトナムでQRコード決済を導入するのは初めてになると報告した。

また、サコム銀行との提携によるJCBカードのラインアップをこれまでの一般カード「クラシック」と「ゴールド」、最上級の「アルティメット」に加え、2019年01月14日に、「プラチナ」デビットカードの発行を開始し、4つに拡充したと報告した。

タイのJCBインターナショナル・ベトナム駐在員事務所の山口朋晃首席代表は「キャッシュレス社会へのポテンシャルの高いベトナム市場は、JCBのグローバル戦略においても最優先に位置付けている」とし、今後も新テクノロジーの導入などでも同行と提携していきたい意向を示した。

JCBの担当者によれば、端末の設置などでコストがかかるクレジットカードの導入に比べて、アプリをダウンロードするだけのQR決済はパパママショップなどでも導入しやすい。今年から来年に向け、同社がクレジットカードで提携する各行と導入を進めていきたい方針だという。

JCBはサコム銀行と2012年からクレジットカードの発行で提携を開始。2018年にはPOS(販売時点情報管理)端末にかざすだけで決済が可能な「コンタクトレス決済機能」の導入も開始している。JCBカードの発行で提携するベトナム国内の金融機関は11行ある。