2019-01-14

タイの天然ガス開発会社PTTEPとイタリアのエニ、アブダビの油田開発落札。

開発

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月15日に、タイ国営石油PTTの石油・天然ガス開発会社PTTEP(PTT Exploration and Production/PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション)は2019年01月14日に、イタリア石油大手エニ(Eni)と結成したコンソーシアムが、UAE(United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)アブダビ政府の油田開発事業権の入札で落札したと発表した。

海外事業拡大策の一環として、エニと提携し、アブダビで入札に参加していた。

SET(The Stock Exchange of Thailand/タイ証券取引所)への報告によると、コンソーシアムは、アブダビ北西沖合の「オフショア1(offshore1)」「オフショア2(offshore2)」の2鉱区の開発事業権を落札した。

2019年01月12日にADNOC(Abu Dhabi National Oil Company/アブダビ国営石油会社)と事業権契約を締結した。

コンソーシアムの権益は、エニの全額出資子会社エニ・アブダビ(Eni Abu Dhabi)がオペレーター(事業主体)として70%、PTTEPの全額出資子会社PTTEP・MENAが30%を有する。