on-the-time.jp

2019年01月05日

豊洲市場初競り!マグロ1本3億3360万円。

食品

毎日新聞は2019年01月05日に、東京都中央区の築地市場から、江東区のた豊洲市場へ2018年10月に移転して開場し、初となる新春恒例の「初競り」があり、青森県大間産のクロマグロ(278 kg)が1本3億3,360万円、1kgあたり120万円で競り落とされた。記録が残る1999年以降の史上最高値を更新したと報告した。

これまでの経緯から言って、無茶苦茶な価格である。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

午前5時過ぎ、鐘の音とともに競りが始まり、すしチェーン「すしざんまい」を運営する中央区の「つきじ喜代村」が2年ぶりに最も高い値で競り落とした。

ただし、2018年に、「つきじ喜代村」は7連覇を逃したが、1kgあたり16万円とキロ単価が最も高いマグロを落札した。
また、2017年11月14日には、ミスインターナショナルの美女の前でマグロの解体ショーを披露した。
ところで、「つきじ喜代村」の木村清社長は、なぜか疲れて見える。

これまでの1本の最高値は「つきじ喜代村」が2013年に落札した1億5,540万円。

マグロは切り分けて2019年01月05日午後から全国の店舗で順次提供するという。

木村清社長は「お客さんが楽しみにしている。どうしても一番のマグロを競り落としたかった」と笑顔を見せた。

2018年 3,645万円------重さ405Kg-----落札者:仲卸業者「やま幸」
2017年 7,420万円------重さ212Kg-----落札者:つきじ喜代村
2016年 1,400万円------重さ200Kg-----落札者:つきじ喜代村
2015年 451万円--------重さ180.4Kg---落札者:つきじ喜代村
2014年 736万円--------重さ230Kg-----落札者:つきじ喜代村
2013年 1億5540万円--重さ222Kg-----落札者:つきじ喜代村
2012年 5,649万円------重さ269Kg-----落札者:つきじ喜代村
2011年 3,249万円------重さ342Kg-----落札者:銀座久兵衛と板前寿司の共同
2010年 1,628万円------重さ232Kg-----落札者:銀座久兵衛と板前寿司の共同
2009年 906万円--------重さ128Kg-----落札者:銀座久兵衛と板前寿司の共同
2008年 607万円--------重さ276Kg-----落札者:板前寿司
2007年 413万円--------重さ206Kg-----落札者:つきじ喜代村

2018-10-11---豊洲市場が開場。
2018-10-06---築地市場。83年の歴史に幕!
2017-09-01---マグロの漁獲枠国際会議。
2017-01-05---マグロ初セリ、最高値は前年5倍の7420万円。
2013-01-05---築地市場の初競りで、大間のマグロ史上最高値1億5540万円!
2012-01-05---日本は、マグロの販売で新記録を樹立!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告