2018-12-03

シンガポールで、デング熱が1週間で100件超報告。

健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月06日に、シンガポールのNEA(National Environment Agency/国家環境庁)によると、2018年11月25日から12月01日までの1週間で、確認されたデング熱の感染件数は110件だったと報告した。

1週間当たり100件を上回るのは、今年で初めてであった。

2018年12月03日現在、東部ベドックの17カ所でデング熱の発生が目立っている。

その17カ所は、
◇ベドック・レザボア・ロード(Bedok, Reservoir Road-124号棟)
◇ジャラン・ダマイ(Jalan Damai-662、665、667号棟)
◇ジャラン・テナガ(Jalan Tenaga-645、648、649、650、655、656、657、658、659、660号棟)
◇カキブキ・クレセント(Kaki Bukit Crescent)
◇カキブキ・ロード3(Kaki Bukit Road 3)

NEAはデング熱を媒介するネッタイシマカ(yellow fever mosquito/Aedes aegypti)に注意するよう呼び掛けている。

英訳になると黄熱病蚊になるが、デング熱(Dengue)と黄熱病(yellow fever)とは、違う。

ベドック(Bedok)の緯度、経度
1°19'25.0"N 103°55'38.4"E
または、
1.323603, 103.927342

2018-11-12---ベトナムのホーチミン市で、デング熱が急増!

Related Dates