2018-11-29

訪台中国人客数、2018年は270万人まで下がって止まった!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月30日に、台湾の経済日報(經濟日報)は2018年11月29日に、台湾の交通部観光局(台灣交通運輸局旅遊局)は、2016年から2年連続で減少を続けていた訪台中国人客数が、2018年は延べ260万~270万人に達し、前年比でほぼ横ばいになるとの見方を示したと伝えたと報告した。

観光局によると、2018年01~10月の訪台中国人客数は延べ225万5,500人で前年同期比0.7%の微増だった。観光局は、11月は統一地方選挙が行われたため訪台中国人客数は減少するが、中台の融和ムードを受け、通年では2017年から横ばいになると予想した。


訪台中国人客数は2015年の418万4,100人をピークに、2016年は前年比16.1%減の351万1,700人、2017年は前年比22.2%減の273万2,500人と減少の一途をたどっていた。

観光局幹部は今年の訪台中国人客数について、「ツアー客数が1日平均2,000人未満なのに対し、個人旅行客は1日平均2,300人前後と増加傾向にある。連休には3,000~4,000人、春節(旧正月)などの長期連休には7,000~8,000人にも上っており、通年ではプラス成長が見込める」と語った。